抹消結果を伴った潜在クラス分析の方法の比較

潜在クラス分析の潜在変数を独立変数として使う場合には、いくつか方法がある。最も簡便なのは、潜在クラス分析の中に、従属変数を組み込んでしまう方法である。 パス図で示すとこの方法が合理的であることがわかるだろう。 近年になって一部の統計パッケー…

抹消結果(distal outcomes)を伴った潜在クラス分析

抹消結果を伴った潜在クラス分析(Latent Class Analysis with distal outcomes)とは、潜在変数を独立変数にした分析のことである。今回はMplusを使用して分析を行ってみたい。 まとめると以下のようになる。 表1 カテゴリカル変数の分析法のまとめ 観察さ…

Mplusにおける混合モデルのauxiliary設定

Mplusでは、潜在変数を扱った混合モデルの場合、潜在変数を独立変数にする場合でも、従属変数にする場合でも、補助コマンドを設定する必要がある。 共変量とは、潜在変数を従属変数にする場合の独立変数を指し、抹消結果(distal outcomes)は潜在変数を独立…

Rでオッズ比と調整済み残差を出す

2x2のクロス集計表の場合はオッズ比と調整済み標準化残差は似たような統計量になる。どちらが好まれるかは分野によって異なるので、適宜、好まれる方を使用するのがよいと思う。社会学ではそれほど見かけることはないが使用されるはずである。オッズ比はなぜ…

強姦被害者に処女かどうか聞くことは必要か?

「警察官が被害者に「処女ですか?」と聞く必要はない - キリンが逆立ちしたピアス」で処女膜損傷が「強姦致傷」と認められた判例のことを知り、判例を調べてみた。 この問題はもともと、山口敬之氏からレイプ被害を訴えた伊藤詩織さんが警察で「処女ですか…

memiscパッケージで分析結果を出力

memiscパッケージのmtableコマンドを使うと分析結果などをきれいに出力することができるようだ。 Package ‘memisc’ https://cran.r-project.org/web/packages/memisc/memisc.pdf 事前準備 回帰分析の結果を出すため、サンプルデータから分析を行っておく。以…

解離性同一性障害の盛衰

解離性同一性障害とは一般的な言葉では多重人格に相当する症候群のことである。この診断名は「虚偽記憶(false memory)」の問題を引き起こし、アメリカでは社会問題となった。 虚偽記憶についてはエリザベス・ロフタスのTEDでのスピーチで簡単に知ることがで…

うつ病の自記式尺度について潜在クラス分析を行った論文

今回取り上げるのは下記の論文。 Ulbricht CM, Rothschild AJ, Lapane KL. The association between latent depression subtypes and remission after treatment with citalopram: A latent class analysis with distal outcome. J Affect Disord. 2015 Dec …

Rで回帰分析のモデルを並べる方法

回帰分析のモデル比較をする表をExcelで作らずRでキレイに整形できるという話を聞いたので少し調べてみた。Rのstargazerパッケージ、texregパッケージできれいに整形できるらしい。いずれも、TeX、HTML、テキストの3種類に出力できる能力がある。 下準備と…

RのpoLCAパッケージで潜在クラス分析を行う

Rので潜在クラス分析を行う。 Rで潜在クラス分析ができるパッケージは3つある。 library(e1071) https://cran.r-project.org/package=e1071 library(poLCA) https://cran.r-project.org/package=poLCA library(randomLCA) https://cran.r-project.org/web/pa…

共変量を伴った潜在クラス分析

潜在クラス分析の潜在変数を従属変数にして分析を行う場合の技法。 パス・ダイアグラムで描くと次のようになる。 例えば、パーソナリティについて質問をして、潜在クラス分析をすると、パーソナリティが4つに分類できることが分かったとしよう。 これらの各…

パリス『現代精神医学を迷路に追い込んだ過剰診断』

現代精神医学を迷路に追い込んだ過剰診断 -人生のあらゆる不幸に診断名をつけるDSMの罪作者: ジョエル・パリス,村上雅昭出版社/メーカー: 星和書店発売日: 2017/05/31メディア: 単行本(ソフトカバー)この商品を含むブログを見る DSMと過剰診断について書か…

『図解・ベイズ統計「超」入門』

図解・ベイズ統計「超」入門 あいまいなデータから未来を予測する技術 (サイエンス・アイ新書)作者: 涌井貞美出版社/メーカー: SBクリエイティブ発売日: 2013/12/17メディア: 新書この商品を含むブログ (15件) を見る ベイズの入門書。 amazonのレビューにあ…

Mplusにおける潜在クラス分析で各ケースのクラス所属確率を出力する

Mplusで潜在クラスは分析できたが、その後どうするかという問題がある。 例えば、計算した潜在クラスを他のモデルの独立変数や従属変数に使用したいといった場合だ。最近は、同時推定(共変量を伴った潜在クラス分析やDistal Outcomesを伴った潜在クラス分析…

Mplusで行う潜在クラス分析(順序づけられていないカテゴリカル変数)

Mplusの説明書に掲載されている例7.7から。 https://www.statmodel.com/usersguide/chapter7.shtml潜在クラス分析に使用する変数が順序づけられていないカテゴリカル変数である例。 パスダイアグラムは以下のように書く。潜在クラス数が複数あってもCは一つ…

コーエンのκ係数

最も有名な一致係数である。扱うことができるのは名義尺度・順序尺度である。評価者が2名のものが基本だが、κ係数は3名以上に拡張されたバージョンも存在する。Cohenのκ係数というと評価者が2名の場合を指す。 κ係数の目安としてよく使われるのはLandis and …

クリッペンドルフのα係数

一致率を計測する際に使ったクリッペンドルフのα係数(Krippendorff's alpha coefficient)のメモ。 一致率というとCohenのκ係数が有名だが、κ係数は評価者が2名という限定がある。 クリッペンドルフのα係数は1)評価者が3名以上に対応し、2)比例・間隔・順序・…

日本人の精神力が弱まった

野村総一郎 メディア用語としての"新型うつ病"のその後 (特集 臨床現場から見た精神疾患の変貌) 臨床精神医学 45(1), 37-42, 2016-01 中島は日本人に備わっていた「徳」(善や正義をつらぬく人格的能力)と「仁」(おもいやり, いつくしみ)が失われたこと…

パス図を描くソフト−Pencil

パス図を描くソフトを探していると、いろいろな手段があることがわかった。 その一つ、Pencilを紹介。Nightly buildだが、Windows以外にも対応しているようだ。 PENCIL PROJECT http://pencil.evolus.vn/ 試しにパス図を書いてみた。 わりと簡単に作成できる…

シーハン障害尺度

シーハン障害尺度は仕事/学校、社会、家族という3つの相互に関連のある領域における機能障害の評価をするツールである。自記式(Self-Report)である。 Sheehan Disability Scale (SDS) - Overview http://www.cqaimh.org/pdf/tool_lof_sds.pdf http://www.med…

ひきこもり現象はいつから始まったか

「ひきこもり」は70年代に現れ80年代から90年代にかけて激増したと言われている.斎藤環は次のように述べている. 私自身も,医師になりたてだった1980年代中期の時点で,この種の事例をごくありふれたものとして診療にかかわっていた経験があります.(斎藤 …

ひきこもりの定義

ひきこもりにはいくつかの代表的な定義がある。ここでは、それぞれを比較してみたい。 厚生労働省『ひきこもりの評価・支援に関するガイドライン』(2010年) 厚生労働省による2回目のガイドラインでの定義である。行政を中心に2016年の段階ではこの定義が使わ…

精神病性障害患者の犯罪被害リスク要因

Benjamin Chapple · David Chant · Patricia Nolan · Sue Cardy · Harvey Whiteford · John McGrath Correlates of victimisation amongst people with psychosis Soc Psychiatry Psychiatr Epidemiol (2004) 39 : 836–840 http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubm…

いじめを受けやすい二つのタイプ

いじめに対応する教員の報告・論文を集めた特集から。 森薫 不登校の真因を把握し、かかわる 月刊生徒指導 29(13), 22-26, 1999-10 http://ci.nii.ac.jp/naid/40001020890 いじめ被害側の特徴が示されている。 ■いじめを受けやすい二つのタイプ いじめによる…

身体症状を主に病院に来談した被害者

身体症状を主に病院に来談したなかでいじめ被害に遭っている者のうちわけ。胃腸科への来談。学会報告。 黒田正宏ら 「小・中・高校生の心身症や登校拒否症でいじめが認められた90例について」 心身医学 26(抄録), 65-66, 1986-06. http://ci.nii.ac.jp/naid…

いじめ発生率質問票

RigbyとSleeによってつくられたいじめ発生率質問票The Bullying Prevalence Questionnaire (BPQ)を翻訳してみた。オーストラリアで作られたものである。 Rigby, K. and Slee, P.T. (1993). Dimensions of interpersonal relating among Australian school ch…

不登校に対する精神医学的診断

不登校の入院例に対してDSM-III-R&IVの多軸診断を行った研究。 古口高志ほか、 心療内科入院治療を施行した不登校症例の病態特徴について : DSM(III-R&IV)多軸評定に準じた形式での評定結果より 心身医学 42(7), 467-474, 2002 http://ci.nii.ac.jp/naid/110…

PTSDの諸症状への薬物療法

フラッシュバックなどのPTSDの症状にトピナ(トピラマート)が有効なのかという問い合わせをいただいたので、これを機にPTSDへの薬理学的介入について少しまとめてみることにした。 まずはファースト・ラインの薬物から。イギリスNHSが出しているNICEガイドラ…

イリノイいじめ尺度

英語でのいじめ尺度の一つ、イリノイいじめ尺度を(適当に)翻訳してみた。いじめ行為の頻度を聞く形で、いじめ加害/被害の重症度を計測する設計になっている。 アメリカでは何が「いじめ」bullyingだとされているのかが確認できる。日本と大差はないように思…

過去のいじめ体験が青年期に及ぼす影響

いじめの学校時期別の体験と心理尺度の関連を調べた論文。 野中公子・永田俊明、2010 「過去のいじめ体験が青年期に及ぼす影響‐体験の時期と発達の関連」 『九州看護福祉大学紀要』Vol,12,№1,115-124 サンプルの特性から。対象は4年制大学生及び専門学校…