発達障害

強度行動障害とは

厚生労働科学研究費補助金(こころの健康件学研究事業) 広汎性発遺障害に対する早期治療法の開発 平成20年 分担研究報告 分担研究者 杉山登志郎 II 強度行動障害の再検肘 研究1 強度行動障害の再検討 研究協力者 川村昌代・橋詰由加里・大隅香奈苗 73-80…

行動制限と広汎性発達障害

今回は医療観察法と広汎性発達障害の論文。とりあげるのは、指定医療機関での行動制限についてである。 平林直次ほか,2011「入院医療における治療プログラムの多様化に関する研究」 平成22年度厚生労働科学研究費補助金障害者対策総合研究事業(精神障害分野…

医療観察法における広汎性発達障害と診断変更

いわゆる医療観察法の対象者に広汎性発達障害が含まれているということを読んだので、少しそのことを調べることにしてみた。 ちなみに、どこで知ったのかというと、afcpさんのエントリー。 afcpさんのエントリーからもリンクがついているように、厚生労働省…

サバン症候群について

仁平義明・神尾陽子,2007, 「自閉症者の「並外れた才能」再考 (特集:自閉症の認知研究の現在)」 『心理学評論』 50(1), 78-88 妻を帽子とまちがえた男 (サックス・コレクション)作者: オリバーサックス,高見幸郎,金沢泰子出版社/メーカー: 晶文社発売日: 1…

ADHDと暴力性

平気で暴力をふるう脳作者: デブラニーホフ出版社/メーカー: 草思社発売日: 2003/10/17メディア: 単行本購入: 2人 クリック: 19回この商品を含むブログ (6件) を見る 本書の主旨の主旨は次のようなものである。暴力性を生み出すのは「生まれ」(遺伝子)か「育…

山崎晃資「高機能広汎性発達障害の人々への精神科医療の対応に関する研究」

山崎晃資,2007, 「高機能広汎性発達障害の人々への精神科医療の対応に関する研究」 『厚生労働科学研究責補助金こころの健康科学研究事業 高機能広汎性発達障害にみられる反社会的行動の成因の解明と社会支援システムの構築に関する研究』研究報告書 広汎…

アスペルガー症候群の予後は明るいと考えていたアスペルガー

アスペルガー症候群を発見したアスペルガー自身は当初、この症候群の予後は明るいと考えていた。いろいろな論文で指摘されていることだが、メモとしてその部分を1944年の論文から抜き出し。 自閉症とアスペルガー症候群作者: ウタ・フリス,冨田真紀出版社/メ…

早期教育を受けた子はAD/HDや発達障害になる?

「パパ、ママたちへの警鐘 早期教育で病んだ子どもたちが増えている」 『週刊朝日』2009年09月18日号 (記者:中釜由起子) http://news.nifty.com/cs/magazine/detail/asahi-20090909-02/1.htm 『週刊朝日』に元北海道大学教授の澤口俊之氏の発言として以下の…

AD/HDは境界性パーソナリティー障害のリスクファクターなのかもしれない

田中聡「境界性パーソナリティ障害の形成メカニズム」『精神治療学』24(8)にAD/HDと境界性パーソナリティー障害の関係についての文献障害紹介があった。両者は関係があるという報告があるとのこと。 成人のAD/HDの37%に境界性パーソナリティー障害…

AD/HD自体は問題ではなく、AD/HDに併存する反抗挑戦性障害が問題なのである

AD/HDは他人へ迷惑をかけることはあまりない。本人が困るということはあっても、回りが迷惑だということは稀かもしれない。そういう意味では、AD/HDは問題なのではなく、AD/HDに並存する反抗挑戦性障害(ODD)が問題なのだという見方はできるだろう。 原仁,20…

パスポートは特性理解

ノンラベルの田井さんが本を出されたようです。 パスポートは特性理解作者: NPO法人ノンラベル・田井みゆき出版社/メーカー: クリエイツかもがわ発売日: 2009/08/26メディア: 単行本(ソフトカバー)購入: 1人 クリック: 9回この商品を含むブログ (1件) を見…

初等少年院の男子の8割がAD/HD

悲しみの子どもたち―罪と病を背負って (集英社新書)作者: 岡田尊司出版社/メーカー: 集英社発売日: 2005/05メディア: 新書購入: 5人 クリック: 59回この商品を含むブログ (16件) を見る このタイプは男子に多く、男子の初等少年院などでは八割がADHDに該当す…

スウェーデンでの自閉症の研究

スウェーデンのユーテボリ(Göteborg)で行われた研究。発表は1997年。調査は1994年から開始されたもの。 T. Arvidsson, B. Danielsson, P. Forsberg, C. Gillberg, M. Johansson, G. Kjellgren, 1997 Autism in 3-6-Year-Old Children in a Suburb of Gotebor…

豊田市での広汎性発達障害の疫学調査

豊田市で行われた広汎性発達障害の発生率の調査。広汎性発達障害の発生率は1.81%。 この数字はイギリス・サウステムズで行われたBaird et al.(2006)の有病率1.161%よりも大きな値である。しかも後述するように、広汎性発達障害全体ではなく、ほぼ自閉性障害…

発達障害を持った子どもたちのメンタルヘルスと特別支援教育についての感想

『こころの科学』LD・AD/HD特集号から品川裕香の論文。 LD・AD/HDなどの診断を受けた子どもたちのその後について取材をして、特別支援教育への提言を行っている。 リストカット、うつ、不登校、ひきこもりと言ったものの背後に発達障害があるということから…

312.81/312.82/312.89 行為障害(DSM-IV-TR)

行為障害 Conduct Disorder 診断的特徴 行為障害の基本的特徴は,他者の基本的人権または主要な年齢相応の社会的基準や規則を無視する行動様式が反復または持続することである(基準A).これらの行動は大きく4群に分けられる:他の人々や動物に対して身体的…

312.9 特定不能の破壊的行動障害(DSM-IV-TR)

312.9 特定不能の破壊的行動障害 Disruptive Behavior Disorder Not Otherwise Specifed このカテゴリーは,行為障害または反抗挑戦性障害の基準を満たさないような行為または反抗的,挑戦的行動によって特徴づけられる障害のためのものである.例えば,反…

313.81反抗挑戦性障害(DSM-IV-TR)

313.81反抗挑戦性障害 Oppositional Defiant Disorder診断的特徴 反抗挑戦性障害の基本的特徴は,目上の者に対して拒絶的,反抗的,不従順,挑発的な行動を繰り返す様式が少なくとも6カ月問持続し(基準A),以下の行動のうち,少なくとも4つがしばしば起こ…

暴力アスペ

特別支援教育のための精神・神経医学 (学研のヒューマンケアブックス)作者: 杉山登志郎,原仁出版社/メーカー: 学習研究社発売日: 2003/05メディア: 単行本購入: 1人 クリック: 3回この商品を含むブログ (3件) を見る 杉山登志郎の記述部分から。 高機能の広…

町田女子高生刺殺:少年の責任能力2審も認定 東京高裁

東京都町田市で05年11月、都立高1年の古山優亜(こやまゆうあ)さん(当時15歳)が刺殺された事件で、殺人罪に問われた元同級生の少年(19)=当時16歳=の控訴審判決が2日、東京高裁であった。中山隆夫裁判長は、懲役11年の実刑とした1審判…

発達障害ってなんだろう?

発達障害ってなんだろう?(政府広報オンライン・お役立ち情報) http://www.gov-online.go.jp/useful/article/200904/4.html <アスペルガー症候群〜Bくんの例> ほかの人と話しているときに、自分のことばかり話してしまって、相手の人に「もう終わりにして…

アスペルガー症候群と仕事

クライン、ヴォルクマーら編の『総説 アスペルガー症候群』から編者であるアミー・クラインとフレッド・ヴォルクマーによる成人期についての記述。職業訓練のところ。 職業訓練 アスペルガー症候群を持つ成人は、面接が苦手で、社会的困難性があり、変わって…

宇治小6殺害事件の再鑑定

アスペルガー症候群の責任能力を争っている裁判。 再鑑定した精神科医が出廷し、「責任能力がないとまでは言い難い」との見方を示した。 精神科医は「(被告は)アスペルガー障害で、犯行当時は反応性幻覚妄想障害に陥り、剣を持った被害者の像などの幻視が…

「三つの苦しみ」子育ての地獄

「三つの苦しみ」子育ての地獄(AERA 9月29日) http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20080929-00000001-aera-soci 福岡の事件についてのAERAの記事がネットで読めるのでリンク。 文中には「したいことを中断されるとパニックを起こす」「衝動的に激し…

河村雄一ほか「豊田市における自閉性障害の発生率」

河村雄一・高橋脩・石井卓・荻原はるみ,2002,「豊田市における自閉性障害の発生率」 『第43回日本児童青年精神医学会抄録集』:160. http://ci.nii.ac.jp/naid/50000669253/ 豊田市での自閉性障害の発生率の調査。1.72%という高率を出している。 【対象…

アスペルガー症候群という用語はもう完全に捨ててしまうべきなのだろうか?

『総説 アスペルガー症候群』にあるウィングの論文の締めの部分。アスペルガー症候群の概念が広がるきっかけをつくったウィングが回顧をしている。 本章の初めに述べたことに今一度立ち戻るならば、皮肉な言いかたに聞こえるかもしれないが、1981年の論文で…

特別支援教育と広汎性発達障害のこれから

イベントの告知です。徳島大学で話をさせて頂くことになりました。 日 時 : 平成20年10月18日(土) 13:30〜15:30 場 所 : 徳島大学 常三島キャンパス 総合科学部 1号館 3階 301教室 講演者 : 井出 草平(いで そうへい)氏 コメン…

非言語性学習障害症候群の特徴

非言語性学習障害は概してアスペルガー症候群に似た特徴を持っている印象を持つが、アスペルガー症候群の臨床像とは異なっているのは音韻処理障害においてである。視空間認知スキルと身振りによるコミュニケーションには問題があるが、言語能力は比較的保持…

広汎性発達障害や自閉症スペクトラムは増えてはいない

広汎性発達障害と自閉症スペクトラムについて、世界各地で行われている疫学調査を年次を追う形でグラフ化*1。年を追うごとに、広汎性発達障害が増えている(支援制度が整ったのでどんどん発見されるようになった)ということが言われることがあるので、年次…

福岡・小1殺害 「育児に悩んでいた」

福岡・小1殺害は母親が犯人だったが、動機は「育児に悩んでいた」。そして、殺された富石弘輝くんは発達障害であったようだ。 弘輝君は軽度の発達障害があったとされ、小学校では特別支援学級に通っていた。同級生の母親は入学式の後のクラス懇談会で、あい…