生きざるをえない

「生きざるをえない」というものは、先んじて「生」と「死」の選択があり、その後に「死」の選択肢が消え去ったという状況だろう。もはや「死」という選択肢がとれず、「生」のみが残されているという意味で。


その先んじてあった「生」と「死」の選択の段階で意識的なものであったかは、恐らくどうでもよい。事後的であれそういう選択肢があったことさえ確認できれば、そのように感じるはずだから。