レントシーカー

Renee Monson(2005). The Politics of Child Support in America. By Jocelyn Elise Crowley.
 American Journal of Sociology, 111 No.3 918-9.


The Politics of Child Support in America

The Politics of Child Support in America


Jocelyn Elise CrowleyのThe Politics of Child Support in Americaの書評。

Crowley argues that policy entrepreneurs are "rent seekers," motivated by the material or psychological benefits resulting from their (temporary) protection from competition in a policy realm once the state adopts their preferred policy. Policy entrepreneurs confront two main tasks in this rent-seeking process: minimizing the risks of entering a policy arena and gaining advantages over (or "shaking out") incumbent policy entrepreneurs. Crowley argues that successful policy entrepreneurs engage in cooperative rather than individualized risk-reduction strategies (e.g., relying on professional or grassroots rganizations rather than on the skills or vision of individuals) and engage in shakeout strategies that are perceived as legitimate rather than illegitimate by the general public.


Crowleyはレントシーカー(rent seekers)という概念を使って、アメリカの子どものサポート政策の決定要因を整理している。


レントシーカーってなんだろう?と思って調べると、次のようなものが出てきた。

レンタルのもとはレント。家賃や地代のことだが、経済学では「過剰利潤」を意味する。市場競争によって決まる価格より、何らかの事情で高い価格でモノが売れた場合、その差額がレント。濡れ手でアワのおいしい儲けだ。レントシーカーとはそのような利益を追い求める人々のこと。新規参入が規制されている市場や、価格が独占的な企業の影響下におかれている業界などが、レントシーカーたちの活動の場である
http://terusakura.air-nifty.com/tetsus_top/cat323245/


Crowleyは「上前を撥ねる」という視点で政策の変化を記述しているのようだ。色々な権利団体(ソーシャルワーカーとか父親とか女性運動など)の勃興によって、政策発起がその時期時期によって決定されてきたということか。