Reining in Charter Schools(NewYorkTimes)

Even states with disastrously low-performing charter systems can point to a handful of outstanding schools. But several studies have shown that on the whole, charter schools perform no better than other public schools.


チャータースクールのパフォーマンスは通常の公立校に劣るという趣旨。出ているのはミシガンの例。

Michigan quickly opened more than 200 schools under one of most liberal charter laws, and the program has been riddled with problems from the start. A multistate study by the Evaluation Center, a well-known research group at Western Michigan University, describes charter schools in Michigan, Ohio and some other states as actually having a negative impact on student achievement.


使われているデータはresearch group at Western Michigan Universityのもの。このデータによると、また、教育を専門とする営利企業に独占されている(3/4以上)ということだ。つまり、企業が学校を請け負って、利益を出すが、成績はちゃんとしたものが出ていないという批判だ。営利企業とは、例えばEDISON SCHOOLSなど。


社説の最後はこう締めくくられている。

The only way to improve public schooling is to provide well-trained teachers and orderly schools, and to monitor them to make sure that the students are actually learning.


公立高をよみがえらすには、良い先生と秩序のある学校作りと生徒達が学習出来ることを保証するために学校と先生たちをモニターすることしかない。私学に回しているお金を公立に回すという案も書かれている。


この記事に対する反論

  1. NYTは信頼性が薄いデータを使用している
  2. NYTはチャータースクールは荒廃した公立校を請け負っていることを書いていない
  3. NYTは営利企業の学校のパフォーマンスが悪いと言っているが、 最大手のEdison schoolsは他の非営利団体より良いパーフォーマンスを出している
  4. NYTはチャータースクール法の強化を主張しているが、強い制限は良い結果を生んでいない
  5. 州の実施するテスト結果と符合しない

2004年のMichigan Education Assessment Programの数学の結果によると、ミシガン州のチャーター高校は通常の公立校より優秀である。州平均より38.1%優れ、2003年に比べて2.7%のアップだった。また、チャータースクールは都会にある学校と比較すると、30.7%優秀であったという。都会にある学校は2003年から2004年にかけて、0.2%しか成績が延びていない。


などなど


これはCERの反論の方が妥当性が高い。