「論文博士」廃止を、大学院改革で中教審

 報告は、企業などに勤めながら研究論文を大学に提出して博士号を取得する「論文博士」について、「諸外国の制度と比べ日本独特の論文博士は、将来的には廃止する方向で検討すべき」と指摘、大学院の教育課程を修了して博士号を取得する「課程博士」制度に一本化する方針を決めた。
http://www.yomiuri.co.jp/kyoiku/news/20050614ur02.htm


昔は博士論文を退官前とかに書いてたり、書いてないことが逆に偉いとかあったみたいだけども、最近は、3年間のうちに書くことが推奨されてる。ちなみに、今の指導教官は書いてないが、自分は書けと言われてる。時代が変わったのだとか。