Strain Theory as "from macro to micro"


PontellによるリーディングスSocial Deviance: Readings in Theory and Research (5th Edition)からRobert AgnewのStrain Theory冒頭部分。

these theories essentially describe how communitylevel variables affect individual criminal behav-
ior. In the words of Coleman (1990), the focus is on the "movement from macro to micro." It is no
surprise, then, that these theories explicitly or implicitly draw on microtheories when they explain how community-level variables lead individuals to engage in crime.(49page)


マクロレベルのものが個人というマイクロレベルへどのような影響を与えるかということが議論の骨格になっているようだ。


coleman(1990)として引用されている著作(Foundations of Social Theory, コールマン 社会理論の基礎〈上〉 (社会学の思想)[和訳])は翻訳されている*1。ちょっと長いが、読書会などで読んでみるのも悪くないかもしれない。以前にリーディングスでcoleman(とくにバスタブ)について読んだ時にはいまいちな印象を持ったが、ちょっと勉強してみなくては。colemanというよりも必要なのはフォーマライズ全体についての勉強だろうか。


ちなみに、このPontellのリーディングスの元になっているのは、Robert Agnew, A General Strain Theory of Community Differences in Crime Rates, Journal of Research in Crime and Delinquency 36:2 (May 1999), pp. 123-155. リーディングスの掲載としては妥当な選択だろう。


こちらも参与する必要があるかもしれない。Robert Agnew, Building on the Foundation of General Strain Theory: Specifying the Types of Strain Most Likely to Lead to Crime and Delinquency, Journal of Research in Crime and Delinquency, Vol. 38, No. 4, 319-361 (2001).

Strain Theoryの経緯をまとめたものとしては、Robert Agnew, FOUNDATION FOR A GENERAL STRAIN THEORY OF CRIME AND DELINQUENCY. Criminology, Feb1992, Vol. 30 Issue 1, p47-87, 41p.などが良いと思われる。


Google Scholar だとわりと出てくる。


以上、逸脱論研究会のメモとして。

*1:第V部の数理の部分は割愛されているようだ。そういう箇所はわざわざ日本語で読んでも効率は上がらないので訳さなくても問題はないだろう