逸脱論研究会のお知らせ

テキストコンラッド=シュナイダー『逸脱と医療化』
日時:2006年8月7日 15:00〜
場所大阪大学人間科学研究科(吹田キャンパス) 東館419
目的:逸脱論の日本語・英語文献を交互に読んでいく会。ご興味を持たれた方がいらっしゃればメールにてご一報ください。


逸脱と医療化―悪から病いへ (MINERVA社会学叢書)

逸脱と医療化―悪から病いへ (MINERVA社会学叢書)



規定読書量は第8・9・10章+後記。


次はインタラクショニズムから2つ。

  • Erich Goode, The Society for the Study of Social Problems. Social Problems, 22 (June, 1975), pp. 570-583.
  • Taub, Diane E., BODY IMAGE AMONG WOMEN WITH PHYSICAL DISABILITIES: INTERNALIZATION OF NORMS AND REACTIONS TO NONCONFORMITY. Sociological Focus, May2003, Vol. 36 Issue 2.


基礎文献と最近話題になった論文を1つずつという組み合わせで。


参考文献

  • Taub, Diane E.; McLorg, Penelope A.; Fanflik, Patricia L., stigma management strategies among women with physical disabilities: contrasting approaches of downplaying or claiming a disability status, Deviant Behavior, Mar/Apr2004, Vol. 25 Issue 2, p169-190.


読書会メモ1