富山国際大学のIPアドレスから樋口康彦氏を絶賛するコメントが続いてる


このブログの樋口氏関係のエントリに樋口氏を絶賛するコメントが続いている。そして、おそらく偶然の一致なのだろうが、そのコメントすべてが樋口氏の所属する「富山国際大学」のIPアドレス」(tuins.tuins.ac.jp: 202.244.62.10)から書き込まれている。


樋口康彦氏といえば「準ひきこもり」についての論文を書かれた方だ。


「準」ひきこ森―人はなぜ孤立してしまうのか? (講談社+α新書)

「準」ひきこ森―人はなぜ孤立してしまうのか? (講談社+α新書)

# 京子 『ダジャレじゃなくて,ちょっと深い意味があるようです。(汗)』 (2006/10/23 12:38)
# 京子 『新書でここまでおもしろい本は空前絶後だと思います●』 (2006/10/24 11:28)
[追記]*1
# iDES 『「おもしろい」というのは「内容が興味深い」という意味ですか?』 (2006/10/25 00:03)
# 京子 『内容が興味深いし,筆者のキャラも興味深いです。
こんなことを書く人は一体どんな人なのか一度見てみたいという気にさせます。』 (2006/10/27 15:41)
http://d.hatena.ne.jp/iDES/20061022/1161496648#c

ログを見ると、グーグルで「準ひきこ森」を検索して、このブログに飛んできて書き込まれている。書き込み元は1回目・2回目とも「富山国際大学」(tuins.tuins.ac.jp)からなされていた。
追記:3回目の書き込みも「富山国際大学」から。検索エンジンはヤフー。富山国際大学PCからコメントを書いているのに、樋口氏を見たことがないかのような文章。ちなみに富山国際大学は全学部合わせても250人*2で、非常に小規模な大学だ(というか高校より小さい)。


# 林弘美 『ちなみにこんな本が先日発売されました。
準ひきこ森―人はなぜ孤立するのか―,樋口康彦著,講談社プラスα新書』 (2006/10/24 15:13)
http://d.hatena.ne.jp/iDES/20060428/1146198929#c1161670404

こちらも「富山国際大学」からの書き込み。グーグルで「準ひきこもり」を検索してこのブログに来られたようだ。

# 中森準平 『ちなみに先日こんな本は出版されました。
「準」ひきこ森 ―人はなぜ孤立してしまうのか?―
講談社+α新書
樋口康彦著
2時間くらいで一気に読みました。すごくおもしろかったですよ!』 (2006/10/27 13:01)
http://d.hatena.ne.jp/iDES/20060713/1152816014#c1161921715

こちらも「富山国際大学」からの書き込み。グーグルで「準ひきこもり」を検索してこのブログに来られたようだ。ちなみに「中森準平」という名前は樋口氏の著書の中に「準ひきこもり」として登場する仮名の人物だ。


追記
他にもエントリを入れてる方がいた。(via id:nopikoさん)
http://d.hatena.ne.jp/setofuumi/20061025#p2


同一のハンドル名を使ってコピペをしているようだ。検索エンジンでいっぱいひっかかる。
(Yahoo!)(Yahoo!)(Google)

*1:エントリ後にコメントが来たため

*2:平成19年度の富山国際大学の入試要項募集人数