埼玉県健康福祉部「ひきこもり実態調査報告書」

埼玉県健康福祉部「ひきこもり実態調査報告書」2002.


社団法人埼玉県精神保健福祉協会ハンドブック「ひきこもり」の元になった報告書。非常に貴重な調査だ。


性別について。

本人の性別については、男性が79.5%とほとんどをしめ、女性の20.5%を大幅に上回っていた。


男性が8割という結果。


年齢の分布



表で書くと以下。

平均 22.0歳
標準偏差 6.55
件数 %
合計 127 100.00%
10-12歳 5 3.90%
13-15歳 19 15.00%
16-18歳 19 15.00%
19-20歳 14 11.00%
21-22歳 18 14.20%
23-25歳 13 10.20%
26-30歳 28 22.00%
30-35歳 7 5.50%
36-40歳 3 2.40%
41-45歳 1 0.80%


30代以上は8.7%。この調査(2001年6-8月実施)では高齢化は見られない。


以下は二峰性のピークについての資料。


 ひきこもりの状態にある方で不登校を経験した方は(64.6%)で、13歳から15歳頃にひきこもり(不登校)が始まっています。不登校の経験がない方は、19歳から20歳頃にひきこもりが始まっています。(社団法人埼玉県精神保健福祉協会ハンドブック「ひきこもり」より)


以下はひきこもり期間からみた外出をしないものの数。



以下は同居家族との関係



「わが子がひきこもりで世間体が悪い」について。

 「世間体が悪い」ことについては、20歳代を中心に高い比率を示し、ひきこもり期間2年以内が目立っていた。



親の状況について


「ひきこもり」について隠している家庭が6割。
子どもにどう対応したらよいか分からない家庭が78%。
ちなみに、これは保健所などに相談を持ちかけている家庭でのデータである。保健所にもつながることができていない閉鎖的な家庭では、おそらくもっと自分の家庭に「ひきこもり」がいることを隠し、対処の仕方にもこのデータ以上に困っているのではないかと思われる。

 ひきこもりの期間は2年以内が一番多く、以降6年まで漸次低下していくが、10年以上も14%いる。今回は横断的調査なので、経過。転帰については予測できないが、今後のケース研究はもちろん、コホート研究などに期待したい。


ひきこもり期間は2年が最頻値。10年以上は14%。

 性別では、女性に多いのは食行動の異常、不平・不満、自傷行為で、少数であるが男性のみに強迫行為、深夜俳掴、寝たきり、飲酒問題がある。これらは少数であるが、医療的対応を含めて、援助を計画しなければならない。


今までの結果を支持する結果がでている。「ひきこもり」に併存する症状には男女差がある。



以前もしくは現在の不登校の有無
件数
合計 127 -100.00%
なし 41 -32.30%
あり 82 -64.60%
無回答 4 -3.10%


不登校の開始時期の平均と分布
平均 14.3歳
標準偏差 2.83
件数
合計 82 100.0%
7−9歳(小学校低学年) 6 7.3%
10−12歳(小学校高学年) 8 9.8%
13−15歳(中学) 36 43.9%
16−18歳(高校) 26 31.7%
19−20歳(短大・大学卜2年) 2 2.4%
21−22歳(大学3−4年) 1 1.2%
無回答 3 3.7%


現在の外出状況(N=127:複数回答)
件数
まったく外出しない 24 18.90%
夜だけ外出をする 14 11.00%
1人で自動車を運転して外出をする 15 11.80%
電車リベスを使って外出をする 22 17.30%
家族と一緒なら外出をする 39 30.70%
昼に自分の買い物をする 24 18.90%
頼まれた用事をすます為に外出をする 17 13.40%
その他 17 13.40%


調査対象について。

 調査期間内に回収された医療機関33施設での精神疾患に関係するものも含むひきこもり件数は723件で、それらのうち調査対象の定義と合致した、精神疾患に関係しないと思われる件数は131件(医療機関のひきこもり件数の18.1%)であった。
 この131件のうち、調査の実施に了承が得られ、個別調査票に回答があった9件を医療機関での個別調査の集計対象とした。


精神障害を原因としたひきこもりをきちんと除いている。