ベンゾジアゼピン


抗不安薬の一種。

このベンゾジアゼピン受容作用を利用した薬をベンゾジアゼピン系と総称し、主に睡眠薬抗不安薬マイナートランキライザー)に利用されている。またベンゾジアゼピンが作用する部位によって中枢神経への影響も微妙に異なっており、抑鬱状態の改善や痙攣発作の軽減を行う物質もあるため、抗うつ薬や抗てんかん薬として使われるケースもある。

1960年代頃から使われ始め、バルビツール酸系薬剤に比べ、耐性が出来にくい、毒性が低く安全であるといった特徴が有るため不眠や不安などの薬として良く使われている。


非常に安全性の高い薬である。

ジアゼパム(商品名:セルシンホリゾン)最も標準的なベンゾジアゼピン類薬物である。
アルプラゾラム(商品名:ソラナックス、コンスタン)
ロフラゼプ酸エチル(商品名:メイラックス
ロラゼパム(商品名:ワイパックス
ブロマゼパム(商品名:レキソタン