減量手術


ここ*1を読んでいて、減量手術という手があるのかと思ってぐぐってみた。


胃バイパス術

・小さな胃嚢(20-30cc) を小腸へ吻合する。吸収量を下げるため、残った胃と小腸をバイパスする。
・超過体重減少率70%
・糖尿病の治癒率などの合併疾治癒はきわめて高い

ニコール・リッチーの痩せすぎで問題になっているのはこの手技。


ラップバンド

・ 唯一の調整可能な手術
・ 半年から3年は一日800 Kcal以下その後は1000-1200Kcal程度.
・ ご飯やパン、肉、ナッツなどは引っかかり、痛みや嘔吐を起こす
・ 水を飲みながら食事をしてはいけない

こちらもいろいろ大変。

私たちは「美容のため」でなく、「病気を治す」ために治療を行います。肥満による合併症があり、それにより患者様の生活の質や生命が脅かされているときに手術を考慮します。


摂食障害の人が医者に行ってもやってもらえないだろう。