発達障害の本


自閉症論の原点―定型発達者との分断線を超える

自閉症論の原点―定型発達者との分断線を超える


発売とのこと。読むべきか迷うところ。


以下2冊はよまなければならない・・・



スペクトラムは臨床では必要な概念であろうが、無配慮に拡大解釈されているようにも思う。臨床医の中には、「一人遊びが好きだ」とか「子育てに手がかからなかった」というエピソードだけで、アスペルガー的な子どもというよく分からない表現で話をしたりする人もいる。