斎藤環『社会的ひきこもり』が英訳


本人サイトよりコピペ。

●単行本;ひきこもりはなぜ「治る」のか? 中央法規出版 10月頃刊行予定?

 精神分析理論からみたひきこもりの「治療」について。啓蒙本です。

戦闘美少女の精神分析ちくま文庫)が二刷になりました。

 ※「社会的ひきこもり」とともに、ミネソタ大学出版局と翻訳出版の契約を交わしました。出版時期などは未定です。
http://d.hatena.ne.jp/pentaxx/20070902/1188737680


精神分析とひきこもりの本がやっと来た。『社会的ひきこもり』(ISBN:4569603785)の英訳の方も非常に喜ばしい。英語で読めるひきこもり関連本が現在のところShutting Out the Sun(ISBN:0385513038)しかないという状態。この本では、日本の失われた十年とひきこもりを同じ現象だと考え、ひきこもり問題を解決したら景気回復すると主張していたりするので、ちょっとどうにかならないものかと思ってたところ。