本メモ


やさしい発達障害論 (サイコ・クリティーク)

やさしい発達障害論 (サイコ・クリティーク)


高岡健による発達障害の解説書。

内容紹介
発達とは何か。
成長とは何か。
発達障害とは何か。
「発達や成長とは、何かを獲得していく過程ばかりではなくて、
大事なものを少しずつ捨てていく過程でもあるということです。」(本文より)

自閉症スペクトラムやアスベルガー症候群など発達障害(「軽度発達障害」)といわれる子どもたちへの治療と処遇は、診断基準にもとづいたラベリングや薬物療法以前に、彼らへの理解を前提とした生きやすい環境を整えることに尽きます。
私たちに問われていることは、発達や成長を賛美するだけでなく、すべての人に潜在する障害という生命−精神−社会現象を「発達強迫」や「コミュニケーション強迫」の喧伝に惑わされることなく、文明を越境する文化の関係をつくりだしていくことです。
http://www.hihyosya.co.jp/isbn978-4-8265-0475-1.html