精神保健福祉センター相談件数はひきこもりが最も多い


和歌山市の精神保健センター平成18年度の所報より。



分類の基準はわからないが、精神疾患神経症が別の項目としてあるので、明らかに精神障害によるひきこもり状態だというものは除かれている傾向にあると思われる。患者が訴える症状とは違って、表題をみる限り何らかの診断がされている。患者が自分のことをひきこもりだと思って相談する件数だけではなく、実態としてもひきこもりの相談が多いのだろう。