家族を超える社会学

家族を超える社会学―新たな生の基盤を求めて

家族を超える社会学―新たな生の基盤を求めて


少しだけ書かせて頂いています。

家族を超える社会学 目次

序 家族のオルタナティブと新たな生の基盤を求めて――本書のねらい  牟田和恵

 I 「家族」を超える論理と倫理
第1章 家族の臨界――ケアの分配公正をめぐって  上野千鶴子
 コラム 高齢者虐待――家族の変容と家族リスクの高まり 春日キスヨ
第2章 家族からの出発――新しい社会の構想に向けて 岡野八代
 コラム 出産と家族――「こうのとりのゆりかご」  白岩優姫
第3章 ジェンダー家族のポリティクス  牟田和恵
    ――家族と性愛の「男女平等」主義を疑う
トピックス ウーマン・リブのコレクティブがめざしたもの 西村光子


  II 「家族」を超える多様な実践――生きる基盤の新たなかたち
第4章 若者の自立/自律と共同性の創造――シェアハウジング 久保田裕之
 トピックス コレクティブハウジングの理念と実践  小谷部育子
 コラム ひきこもりと家族  井出草平 
第5章 性愛の多様性と家族の多様性――レズビアン家族・ゲイ家族 釜野さおり
 コラム シングルマザー  社納葉子
第6章 ステップファミリーと家族変動―家族の下位文化と制度  野沢慎司
 コラム 家族のオルタナティブは可能か?  山田昌弘


上野千鶴子さんや山田昌弘さんをはじめとした豪華な執筆陣、また他の著者の方々も様々な点から家族という問題に切り込んだ論考を書かれており、非常に興味深い一冊に仕上がっていると思います。