精神病性障害患者の犯罪被害リスク要因

Benjamin Chapple · David Chant · Patricia Nolan · Sue Cardy · Harvey Whiteford · John McGrath
Correlates of victimisation amongst people with psychosis
Soc Psychiatry Psychiatr Epidemiol (2004) 39 : 836–840
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/15669665

精神病性障害患者の犯罪被害について調べた研究。962人中172人、17.9 %が犯罪被害を受けている。これは一般人口と比較しても非常に高い。分析結果は2016年に訂正されている(http://link.springer.com/article/10.1007/s00127-015-1147-6)。図表は訂正後のものである。

モデル1は調整なしのオッズ比。モデル2は年齢と性別を調整したオッズ比である。
関連があるのは、年齢(1.62倍)、12か月以内のホームレス体験(3.46倍)、薬物濫用・依存(1.84倍)、12か月以内の逮捕経験(3.68倍)、社会的職業的機能障害(2.73倍)である。社会的職業的機能障害にはSOFASが使用されており、他の項目と合わすためにバイナリで使用されている。高機能のカットオフは70である。SOFASのカットオフについての箇所を引用しよう。

For the purposes of this study, the scores were dichotomised into "slight or no impaired social and occupational functioning” (SOFAS>69) and “poor social and occupational functioning” (SOFAS<70)

SOFAS>69がslight or no impairedで、SOFAS<70がpoorだと書いてあるが、この書き方だと両方70を含んでいるように読める。SOFASは0と1の間でカテゴリカルに分類するので、SOFASは71以上と70以下と分けるのが正しい。この論文筆者は書き間違いをしたか、混乱して理解をしているのかよくわからない(2016年の訂正表では正しく記述されているので現在は正しく理解しているのは間違いない)。

重要なのは、SOFASを2値で使用する際のカットオフの基準は70という点である。。