日本列島をどう守るか 過疎化に“100万人の引きこもり”が役立つワケ(内田 樹)

bunshun.jp

もう1つアイディアがあるんですけれど、それは「引きこもり」の人たちに「歩哨」をしてもらうというものです。  一説によると、日本にはいま100万人の「引きこもり」がいるそうです。その人たちに過疎の里山に来てもらって、そこの無住の家に「引きこもって」もらう。里山だと「そこにいるだけで」、里山を自然の繁殖力に呑み込まれることから守ることができる。部屋にこもって1日中ゲームやっていても、ネットをしていても、それだけで役に立つ。  それほどの給料は払えないでしょうけれども、人がいなくなった集落でも、お盆のときだけは戻ってくるから、家は廃屋にしたくないという人はたくさんいます。そういう何軒かの家からちょっとずつ出してもらえば、仕事になる。家賃は要らないし、物価だって安いし、気が向いたら、畑を耕して野菜だって作れる。  そういうミクロな求人とミクロな求職をマッチングする仕組みができれば、かなりの数の「引きこもり」が里山の「歩哨」として暮らして、かつて西部開拓者が経験したような達成感や全能感を経験して、メンタル的に回復するというようなことが起きるんじゃないか。そんなことをぼんやり夢想しています。

togetter.com

キャンプではインターネット依存症は治らない(Global Times)

Global Timesの記事。Global Timesは環球時報の英語版で中国共産党の機関紙『人民日報』系列の紙である。共産党、中国政府の意向が反映された紙面づくりをしていると考えてよい。
そういったポジションの新聞がキャンプや入院をさせても依存症は治らないと主張していることは興味深い。また、依存そのものが問題の本体ではなく、真の問題は子育てや学校、子どもの精神的成長などにあるのではないかと考えているところも面白い。

ちなみに、日本で言うと、ここで描かれているものはひきこもり問題で、インターネット依存という問題化はあまりされないのではないかと思われる。ひきこもり問題でも、更生施設を名乗る施設に親が子どもをぶち込んでいろいろな問題を起こしているが、同じことが中国ではインターネットやゲーム依存を治すという看板を掲げた施設で行われているようだ。

www.globaltimes.cn

山東省臨沂市にある第四病院とその副院長の楊永信は電気けいれん療法(ECT)をインターネット依存症の治療に用いていたが、2009年に中国衛生当局に非合法化された。楊氏はその後、低周波パルス療法という別の方法を使用しているが、元患者は電気よりもさらに痛みを伴うと述べている。

他のキャンプでは、粗野な軍隊式の懲戒方法を採用していて、若い患者からは「虐待的」「暴力的」とさえ言われてきた。2009年には、広西チワン族自治区のインターネットリハビリキャンプで15歳の少年が監督官に殴られて死亡し、2014年には河南省鄭州市で19歳の少女がネットリハビリ施設で数人の教練教官に殴られたり蹴られたりして死亡した。

四川省成都の軍事スタイルのリハビリキャンプの遼という名前のカウンセラーは虐待が今までに彼らの施設では行われたことがないと否定したが、教練教官は、懲罰的に肉体的トレーニングをさせることがあると認めた。

「ルールを破ったり、心と行動を変えようとしない若者は、罰として立ったり、走ったり、タイヤを運んだりさせられる」と彼はグローバルタイムズ紙に語っている。

ほとんど監獄とおなじ

彼のキャンプで治療を受けている患者の9割近くは14、15歳でコンピューターゲームに夢中になっている。通常、彼らは最初の6ヶ月間は25,800元(3,761ドル)、その後毎月2,000元の費用で6ヶ月から1年の期間、施設内で生活しなければならない。すべての寮生は、個人的に刑務所や軍の兵舎と同じく1日24時間、週7日、教師によって監視されています。

「親は自分の子供がネットサーフィンをするためにキャンプから逃げ出したいと考えても心配する必要はありません」と遼さんは言う。「教師はどこに行くにしても、トイレに行くにしても、すべての子供の後をつけています。夜になると、4、5人の子どもたちが1部屋をシェアして、先生と教練教官と一緒に、規律正しく生活をしています」と遼さんは言う。

遼さんによると、彼らのキャンプの教練教官は人民解放軍にいたことのある退役軍人である。教師は全員大学や大学を卒業し、教員免許を持っている。生徒は毎朝4クラス、午後4クラスの授業を受け、夕方には自習時間がある。

しかし、午前中の授業は通常の学校とは異なり、アルクホール・アノニマス(AA)の「quasi-ritualized therapeutic セッション」という手法に沿っており、自分の行動や態度について自己批判や集団批判をしなければならない。キャンプで10代の依存症者は専門的な資格を持っているカウンセラーと1対1の心理療法、グループ心理療法を受ける。

しかし過去10年間インターネットの過剰使用からの青年を助けたけてきた上海のRuiling Consulting Centerの心理学者Wan Lizhu氏はインターネットキャンプが利点以上に多くの害があると考えている。「かつて私は広東省のキャンプに戻ることを拒否した思春期の青年出会った。彼はとても落ち込んでいて、施設では無力さを感じ、ほとんど精神的に崩壊しそうになっていた」。

Wan氏はグローバル・タイムズ紙に、多くのインターネット・キャンプがティーンエイジャーを脅迫するために暴力を使っていると語った。意志の弱い子供たちは、収容所に戻されないように怖がってインターネットをやめさせられるかもしれませんが、頑固で攻撃的な子供たちは、親や当局に対して深い憎しみを抱くようになり、一人でいる時間を利用して復讐を企てるようになる。

9月には、黒龍江省の16歳の少女Chen Xinranさんがリハビリ施設から逃亡して家に戻り、8日間、母親を椅子に縛り付け、拳で殴り続け、その結果、母親は餓死することになった。

「10代のインターネット中毒者は反抗的でセンシティブです。彼らはネットの世界に楽しみを見出し、それが学校や家庭の圧力から逃れる簡単な方法だと思っています」とWanさんは言います。親は勉強だけに着目するのではなく、子供の精神的な成長にもっと注意を払うべきだとWan氏は付け加えた。

「今日多くの中国の祖父母は子供を育て、親は生活費を稼いでいます。その結果、子どもは親から疎外されている感じてしまう。行動上の問題が発生した時には、親が介入するには手遅れになっていることが多い」とWan氏は言う。

f:id:iDES:20160924113156j:plain 山東省済南市のインターネットリハビリセンターは、10代の参加者を物理的に虐待していたため、2016年10月に運営を停止されたと報じられている。

自分の子供が怖い

子どもたちがインターネットをやめるのを助けてきた20年の上海在住の心理学者Peng Ruilin氏によると、多くの親は、絶望と絶望から10代の子どもたちをそのようなキャンプに送ることを「強制」だと感じているという。「山東省からきた父親は、一度彼は彼の車の中で一晩中過ごしたことを私に言ったいました。彼はインターネット依存症になった息子によって襲われるのが怖かったので、家に入る勇気がなかったというのだ」

そのような親たちは、リハビリキャンプを子どもたちを治す最後のチャンスだと考えているが、Peng氏によると、彼らの最初の間違いは、子どもたちの依存症の原因を探っていないことだという。Peng氏の助けを求めた家族の多くによると、子どもたちは授業に集中できなかったり、試験の成績が悪かったりした。このストレスを解消するために、多くの子どもたちはコンピュータゲームやオンラインの世界に手を出したりしていた。

「社会はインターネットに夢中になっている子供たちを非難しますが、私は同情に値すると感じています。彼らは感情を調整するための適切な方法を知らないだけで、親から理解されず、共感されることもない子どもたちです。」

Peng氏はグローバルタイムズ紙に、彼は長年かけて自分のセンターで思春期の子供たちの興味を探り、彼らが人生に対する適切な態度を身につけるのを助けようとしていると語った。Peng氏はまた、サロンや講演会を開催して、関係者の親たちに健全な親子関係を維持し、相互理解と尊敬を築く方法を教えている。これは、リハビリキャンプや軍事的なしつけよりもはるかに効果的だと彼は感じている。

f:id:iDES:20201116061040j:plain 北京のインターネット依存症のリハビリセンターで、軍事的な密集隊形の訓練中に集団で罰を受ける学生たち。

f:id:iDES:20201116061050j:plain インターネット依存症になった少年が、北京の依存症治療センターで研究目的で脳をスキャンされる。

世代間の断絶

世代間の断絶

黒龍江省から来た馬さんという名前の母親は、Peng氏のセンターのコースはやりがいのあるものだったとグローバルタイムズに語った。「私の息子は8ヶ月間ここで治療された後、礼儀正しく、穏やかになりました。彼は父と話すことができるようになりました」。

彼女の17歳の息子が最初に学校に行かなくなり、一日中コンピュータで遊ぶために家にいたいと行ったとき、馬さんは暗い未来しか描けなかった。彼女は彼を地元の精神病院に引きずり込み、医師は彼のインターネット依存症を治すことができるとされている薬を処方した。息子は薬を飲むことを拒否し、家族関係はぎくしゃくし、最終的には息子を叱咤すると母親である馬さんを殴るようになった。

馬さんは仕事を休んで、目の検査を受けるという口実で息子を上海に連れてきた。一旦上海に来た後、彼女は息子をPeng氏のクリニックに入院させた。二人はセンターの近くにアパートを借り、毎日の診療に付き添っている。「息子は、他の生徒に馬鹿にされたり、いじめられたりすると思っていましたが、この子の能力が向上することを願っています。息子が感情をコントロールする能力を高め、現実の生活から逃避するのではなく、問題に直面して解決することを学んでくれることを願っています」と語った。

馬さんは、子供たちがコンピュータやゲームに夢中になるのを単純に理解できなかったことを認めているが、この世代間の断絶が、実際には息子との関係がぎくしゃくしている原因になっている可能性があるとも語っている。彼女は、彼と一緒にカウンセリングセッションに参加することで、彼の依存の背後にある真の問題に目を向けたいと考えている。「幸いにも、私たちは正しい道を歩んでいます」。

中国でインターネット依存の治療として電気けいれん療法を行うことを禁止(ガーディアン)

www.theguardian.com

インターネット依存症に電気けいれん療法を行うことの懸念が高まり、2009年に中国の保健省が中止を勧告したようだ。中央政府の保健省が電気けいれん療法を実施している山東省の保健部に要請を行ったと報道されている。インターネット依存症の定義があまりにも漠然としていると専門家は指摘している、とのこと。

ある専門家たちは、2008年にインターネット依存症の最初の診断定義を行ったそうだ。

  1. 1日に少なくとも6時間をオンラインで過ごす
  2. オンラインに戻るために切望を含む

1と2の少なくとも1つ。

  1. 社会的な接触の恐怖
  2. 集中困難や睡眠

他の専門家は、この定義はあまりにも一般的すぎること、基準があまりにも曖昧であるため、多くの依存症ではない人たちが、この定義に当てはまると主張している、とのこと。

電気けいれん療法の禁止は、山東省臨沂市の精神科病院の楊永信医師(参照)が電気けいれん療法行っているという報道を受けてのものだった。北京ニュースによると、楊氏は、脳に小さな電流を流すことで脳を覚醒させるという治療法を考案したという。彼は刺激が苦痛を引き起こすかもしれないが、非常に安全であり、どのような方法でも子供に害を与えないとコメントしている。

北京のニュースによると、記者が楊氏のセンターを利用したいと申し出ると、治療費が月5,500元(£500)だった言われたという。記者が電気けいれん療法が使用されるかどうか尋ずねると、スタッフはそれが「パルス療法(pulse therapy)」 と呼ばれるべきでもので、特殊な状況においてだけ、使用されたと言った、という。

なお、別の施設(济南军区总医院)のTao Ran氏によると、病院で治療の対象となっているのは、オンラインゲームの利用者がほとんどのようで、男性が90%、15-18歳が80%とのことである。

中国でのインターネット依存症に対する電気けいれん療法(ガーディアン)

2009年の記事。中国でインターネット依存を電気けいれん療法で治療するという試みがされていたが、大きな批判を浴びることになり、禁止されるという経緯がある。この記事は実際にセンターで電気けいれん療法を受けた若者のインタビューである。

電気けいれん療法が痛いとインタビューでは言われているが、一般的に行われている修正型電気けいれん療法では痛みを感じることはないため、病院側が懲罰的に故意に痛みのある電気けいれん療法を行っていたか、このインタビューに答えている若者が嘘を言っているかどちらかである。

www.theguardian.com

17歳のTeng Feiさんはインターネット依存症の電気けいれん療法(ECT)を受けた。Teng Feiさんの父親が病気にかかったと母親から聞かされたとき、不安になりすぐに病院に行くことにした。しかし、父は病気にかかっておらすせ、嘘だった。病因で、数時間以内に彼は痛みを伴う治療を受けることになった。彼はその後数週間の間に何度もECTを受けることになった。

「それは本当に痛かった - 私の脳に針を突き刺すようなものだった」と彼は言った。

Teng Feiさんはもともと自分に問題があったわけではないと言い、インターネット依存症は存在しないと考えている。

「私にとってインターネットが非常に魅力的で、しばしば一日中それを使用している。しかし、例えばバスケットボールをプレイするなど、他にすることがある場合、私はインターネットを使わない」と彼は言っている。インターネット依存症と言うには、他にやるべきことがあっても、それをせずに、インターネットに没頭していなくてはならない。

「私の母はテレビの広告を見ました。テレビ広告では、インターネットの悪評を流して、私の母はその広告をみて私が病気だと信じてしまった」

彼はクリニックへの入院を拒否した時に初めて電気けいれん療法を受けた。

「何回電気ショックを受けたのか覚えていませんが、何十回も受けたはずです。時間は30分ほどでした」。

「私はもがいて起き上がろうとしましたが、彼らは私が入院することに同意していないため、30分ほど電気ショックを与え続けました。私は本当にこれ以上耐えられなかったので、入院することに同意ししました」。

彼は病院でECTを6、7回受けましたが、ほとんどが一度に数分間だった。

「最初の頃は、恐怖を与えて命令に従わせようとしていたのだと思います。電気ショックは、私が何か悪いことをした場合の罰だった」。

彼が逃げようとしたとき、彼はさらに30分間の電気ショック療法を受けることになった。

医者は電気けいれん療法以外に抗うつ剤と伝統的な漢方薬を与えた。毎日、彼は午前中に両親も一緒にレッスンを受け、プログラムを信じて協力するように促し、午後には訓練が行われた。

Teng Feiさんの両親は、彼の治療のために約14,000元(£1,250)を費やした。14,000元の内訳は、7,000元の月額料金、逃げた時の2,000元の罰金と早期に治療を終了するための5,000支払いである。

「治療は4ヶ月間続くはずですが、父は詐欺だったと思うようになった」と彼は言った。「私の父はレッスンで、治療者たちの意見に反することをいうことができないことを悟りました。また、私が電気ショックがどれほど痛いかを父に話し、若者が電気ショックを受ける部屋に入っていくところを実際にみて、私の父は心を痛めていました」

Teng Feiさんはさらに「治療は全く役に立たなかったと思います。私は以前もインターネット依存症ではなかったので、入院する前と全く同じように生活しています。私は今でもインターネットを使っていますが、両親は本当に干渉してきません。」と述べた。

Light’s KappaとFleiss' kappa[R]

評価者が3人以上、評価項目が名義尺度で3カテゴリ以上で利用される一致度の指標である。有名なCohen's Kappa(κ) の拡張版である。

Light’s Kappa

評価者が2人以上、2つ以上のカテゴリカル変数で使用する一致度の指標である。

RのirrパッケージでLight’s Kappaを計算する

irrパッケージで計算ができる。

diagnosesデータを利用する。データ構造は下記のようになってている。

f:id:iDES:20201114070734p:plain

評価者がraterで、6人の評価者がいるデータである。
精神疾患の評価がされているが、1.Depression2. Personality Disorder3. Schizophrenia4. Neurosis5. Otherの5つが評価されている。 評価されているものは、順序尺度や間隔尺度ではなく、名義尺度である。Light’s Kappaを利用するのは、評価者が2人以上(特に3人以上)、評価項目が名義尺度で2カテゴリ(特に3カテゴリ以上)ということだ。

library(irr)
data(diagnoses)
kappam.light(diagnoses) 

Kappaは0.459であった。

 Subjects = 30 
   Raters = 6 
    Kappa = 0.459 

        z = 2.31 
  p-value = 0.0211 
  • Light, R.J. (1971). Measures of response agreement for qualitative data: Some generalizations and alternatives. Psychological Bulletin, 76, 365-377.

Fleiss' kappa

評価者が2人以上、2つ以上のカテゴリカル変数で使用する一致度の指標である。Light’s Kappaのと同じ条件で使うものである。

irrパッケージでの計算

kappam.fleiss(diagnoses)

結果。

 Subjects = 30 
   Raters = 6 
    Kappa = 0.43 

        z = 17.7 
  p-value = 0 

評価者を指定するコマンドもあるらしい。こちらは1-4の評価者だけ計算するコード。

kappam.fleiss(diagnoses[,1:4]) 
  • Fleiss, J. L. (1971) "Measuring nominal scale agreement among many raters." Psychological Bulletin, Vol. 76, No. 5 pp. 378–382

Exact Kappa

Fleiss (1971)のKappa係数は2人の評価者ではCohen's Kappa(重みづけをせず)にはならない。その修正がConger(1980)によってされたのがexact Kappa係数である。

kappam.fleiss(diagnoses, exact=TRUE)

結果。

 Fleiss' Kappa for m Raters (exact value)

 Subjects = 30 
   Raters = 6 
    Kappa = 0.442
  • Conger, A.J. (1980). Integration and generalisation of Kappas for multiple raters. Psychological Bulletin, 88, 322-328.

Fleiss' and category-wise Kappa

カテゴリごとのFleiss' kappaの値である。

kappam.fleiss(diagnoses, detail=TRUE) 

結果。

 Fleiss' Kappa for m Raters

 Subjects = 30 
   Raters = 6 
    Kappa = 0.43 

        z = 17.7 
  p-value = 0 

                         Kappa      z p.value
1. Depression            0.245  5.192   0.000
2. Personality Disorder  0.245  5.192   0.000
3. Schizophrenia         0.520 11.031   0.000
4. Neurosis              0.471  9.994   0.000
5. Other                 0.566 12.009   0.000