アドヒアランスの指標であるMPRとPDCを計算するパッケージ[Stata]

The Stata Journalを読んでいたらMPRとPDCを計算するパッケージの紹介があったので、こちらで紹介しておこう。

https://journals.sagepub.com/doi/pdf/10.1177/1536867X19893625

http://www.lindenconsulting.org/stats.html

NPRとは薬剤保持率(medication possession ratio)であり、PDCは調査対象日数に対して実際に処方した日数の比率を示す平均治療日数カバー比率(proportion of days covered)である。

PRRという処方削減率(prescription reduction ratio)という指標もあるらしい。こちらは処方されたが、飲まなかった薬の残量を測る指標らしい。 https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/27489544

日本の福岡の先生たちが開発したらしい。処方した薬が大量に家で余っている状況は日本では日常茶飯事だが、諸外国ではどうなのだろうか。

medadhereパッケージ

コンソールからインストールする場合は以下のコードで手に入れる。

. net sj 19-4
. net install st0578
. net get st0578

install st0578はプログラム、get st0578はdoファイルとmedadheredata.dtaというデータである。

sj 19-4はdoファイルに含まれるsjlogというコマンドを実行するのに必要らしいが、インストール方法がよくわからなかった。リソースからsjlogを直接インストールした。また、そもそも、このパッケージを利用するだけであれば、sjlogは特に必要はない。

もちろん、リソースから検索してもパッケージ、データとも入手できる。

薬剤ごとのMPRとPDC

下記のものはidを1に絞った形でのコードだ。 スタートは2013年1月1日に設定し、365日続けるとしている。

. use medadheredata.dta" ,clear
. keep if id==1
. medadhere fill_date days_supply, drug(drug) start(01jan2013) length(365)
. list drug study_start_dt study_end_dt study_days mpr pdc, clean noobs abbreviate(14)

結果。

    drug   study_start_dt   study_end_dt   study_days        mpr        pdc  
       1        01jan2013      31dec2013          365    .969863   .9013699  
       2        01jan2013      31dec2013          365   .9808219   .9068493  

薬剤を一つに絞ったMPRとPDC

下記のものは薬剤を1に絞ってidごとにMPRとPDCを出すコードである。 今度は終了日時を2013年1月30日に設定し、期間は設定していない。

. use medadheredata.dta, clear
. keep if drug==1
. medadhere fill_date days_supply, id(id) end(30jun2013)
. list id study_start_dt study_end_dt study_days mpr pdc, clean noobs abbreviate(14)

結果。

    id   study_start_dt   study_end_dt   study_days        mpr        pdc  
     1        07dec2012      30jun2013          206   1.038835   .9514563  
     2        11apr2012      30jun2013          446    .896861   .8744395  
     3        07jan2012      30jun2013          541   .9685767   .9260628  
     4        27dec2012      30jun2013          186   1.010753   .9354839  
     5        22may2013      30jun2013           40        .75        .75  
     6        03apr2012      30jun2013          454   .8678414   .8502203  
     7        17jan2012      30jun2013          531   .3954802   .3427495  
     8        20feb2013      30jun2013          131   .8091603   .7480916  

クロス集計表

上記の2つの例は条件をつけた形で数値を示していたが、条件がなくリストを出すとかなりの行数が並ぶので読むのが大変だ。そこでクロス集計表にして見やすくする。今回指定するオプションはlengthだけで、これは研究期間で180日に揃えてある。

今回はPDCのクロス表である。

. use medadheredata.dta, clear
. medadhere fill_date days_supply, id(id) drug(drug) length(180) credit
. generate pdc80 = cond(pdc >= .80,1,0)
. tabulate pdc80 drug, column

MPRとPDCのカットオフは0.8だと言われている。0.8を超える患者はアドヒアランスが良いとみなされ、0.8未満の患者はアドヒアランスが悪いとみなされる(Cramer et al. 2008; Sikka, Xia, and Aubert 2005; Centers for Medicare & Medicaid Services 2018).。

+-------------------+
| Key               |
|-------------------|
|     frequency     |
| column percentage |
+-------------------+

           |               drug
     pdc80 |         1          2          3 |     Total
-----------+---------------------------------+----------
         0 |         2          2          2 |         6
           |     25.00      25.00      40.00 |     28.57
-----------+---------------------------------+----------
         1 |         6          6          3 |        15
           |     75.00      75.00      60.00 |     71.43
-----------+---------------------------------+----------
     Total |         8          8          5 |        21
           |    100.00     100.00     100.00 |    100.00

このサンプルのアドヒアランスは、薬物1、2、3でそれぞれ75%、75%、60%であることがわかる。

文献
- Cramer, J. A., A. Benedict, N. Muszbek, A. Keskinaslan, and Z. M. Khan. 2008. The significance of compliance and persistence in the treatment of diabetes, hypertension and dyslipidaemia: A review. International Journal of Clinical Practice 62: 76-87. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC2228386/