DSM-IV 307 摂食障害

12 摂食障害 Eating Disorders

 摂食障害の特徴は,食行動の重篤な障害である.この章には神経性無食欲症および神経性大食症という二つの特定の診断が含まれる.神経性無食欲症の特徴は,正常体重の最低限の維持を拒否することである.神経性大食症の特徴は,無茶喰いエピソードの繰り返しと,それに付随する自己誘発性喝吐や下剤・利尿剤・他の薬剤の乱用,絶食,過度な運動などの不適切な代償行動である.体型と体重の認知の障書は,神経性無食欲症および神経性大食症の双方の本質的な特徴である.特定の摂食障害の基準を満たさない障害にコード番号をつけるため,特定不能の摂食障害というカテゴリーが備えられている.
 単純性肥満は,国際疾病分類(ICD)には一般身体疾患として含まれているが,心理または行動症候群と一貫した関連があるかどうかについての見解は確立されていないので, DSM-IVには登場しない.しかし,肥満症例の病因や経過に心理的要因が重要であると証明される場合には,一般身体疾患に影響を与えている心理的要因(678頁)の存在を記載することによってそれを示すことができる.
 通常幼児期または小児期早期に初めて診断される哺育および摂食障害(つまり,異食症,反芻性障害,幼児期または小児期早期の哨育障害)は, "幼児期または小児期早期の哺育,摂食障害(110頁)の章に含まれる.