井出草平の研究ノート

ネット・ゲーム依存

インターネットゲーム障害と強迫性障害

スタレリク、アブジュユデの「インターネットゲーム障害、強迫性障害、嗜癖」から。 症候学的な話でややこしいのだが、わりと重要な指摘である。 www.semanticscholar.org Starcevic, Vladan, and Elias Aboujaoude. 2017. “Internet Gaming Disorder, Obses…

「ゲーム依存、誰でもなる」 木太中 夏休み前に医師講演 回復へ周囲の支援必要(四国新聞)

news.line.me ネット依存外来を設けている三光病院(同市牟礼町)の海野順院長が講師を務め、依存症が疑われる心身の状態などを紹介し、「依存症は誰もがなり得る。回復には周囲の支援が重要」と訴えた。 寺川知里さん(14)は「誰にでも依存症が起こり得る…

ジョシュ・ホーリー上院議員の「Twitterの利用時間を1日30分に制限する」という法案(Vox)

www.vox.com ジョシュ・ホーリー 日本語Wikipedia ja.wikipedia.org 日本語Wikipediaはスカスカなのでよくわからないのだが、アメリカでは有名な議員の一人。日本語ではトランプ大統領敗北後の動きがニュースになっている。 www.huffingtonpost.jp この記事…

家でゲームするのは「基本的人権」じゃない? 香川ゲーム条例訴訟、双方の対立激化(弁護士ドットコムニュース)

www.bengo4.com 「原告らが主張する、親権者が、子のゲームの時間やスマートフォンの利用の可否・時間などを決定する自由なるものは、憲法が保障する基本的人権ではあり得ない」 やはり、きっちりと書かれていた模様。

不適応な人格特性とゲーム障害は回避期待によって媒介される

www.semanticscholar.org Laier, Christian, Elisa Wegmann, and Matthias Brand. 2018. “Personality and Cognition in Gamers: Avoidance Expectancies Mediate the Relationship Between Maladaptive Personality Traits and Symptoms of Internet-Gaming…

治療を希望するゲーマーの61%がIGD(DSM-5)の診断基準を満たし、36%がGD(ICD-11)の診断基準を満たし、GDにはADHDの併存が高かった。

www.semanticscholar.org Starcevic, Vladan, Tae Young Choi, Tae Ho Kim, Seo-Koo Yoo, Sujin Bae, Byung-Sun Choi, and Doug Hyun Han. 2020. “Internet Gaming Disorder and Gaming Disorder in the Context of Seeking and Not Seeking Treatment for V…

男性は女性よりもゲーム障害を発症しやすく、ソーシャル・メディア嗜癖を発症しにくい

www.semanticscholar.org Su, Wenliang, Xiaoli Han, Hanlu Yu, Yiling Wu, and Marc N. Potenza. 2020. “Do Men Become Addicted to Internet Gaming and Women to Social Media? A Meta-Analysis Examining Gender-Related Differences in Specific Intern…

5.9%の学生がインターネットゲーム嗜癖、気晴らしや回避などの機能障害的な対処戦略を優先的に採用する傾向がある

www.semanticscholar.org Milani, Luca, Giuseppe La Torre, Maria Fiore, Serena Grumi, Douglas A. Gentile, Margherita Ferrante, Silvia Miccoli, and Paola Di Blasio. 2018. “Internet Gaming Addiction in Adolescence: Risk Factors and Maladjustme…

DSM-5インターネットゲーム障害の構造化臨床面接

www.semanticscholar.org Koo, Hoon Jung, Doug Hyun Han, Sung-Yong Park, and Jung-Hye Kwon. 2017. “The Structured Clinical Interview for DSM-5 Internet Gaming Disorder: Development and Validation for Diagnosing IGD in Adolescents.” Psychiatr…

ギズモード・ジャパンの金本さんはゲーム攻略本を書く仕事をしていたらしい

www.youtube.com ギズモード・ジャパンの金本さんはゲーム攻略本を書いていた、という話。 リチャード:なんでそこをそのゲーム攻略、本作ろうと思ったんですか? 金本:あ、えっとね。もともと僕が子供の頃ってゲームってそんなにあのポジションが高くない…

5.7%が問題のあるゲームプレイ、9.1%が問題のあるSNS利用。ゲームは男性、座位時間の長さ、希死念慮、SNSは行動上の問題、女性、多動性、座位時間の長さ、非西洋系の民族性が関連

www.semanticscholar.org Mérelle, Saskia, Annet Kleiboer, Miriam Schotanus, Theresia L. M. Cluitmans, Cornelia M. Waardenburg, Danielle Kramer, Dike Van de Mheen, and Antonius van Rooij. 2017. “Which Health-Related Problems Are Associated w…

ドイツの12~25歳におけるインターネットゲーム障害の推定有病率は5.7%。男性、低年齢、抑うつ、不安の高さ、ゲームによる社会的接触の減少が関係

www.semanticscholar.org Wartberg, Lutz, Levente Kriston, and Rainer Thomasius. 2017. “The Prevalence and Psychosocial Correlates of Internet Gaming Disorder.” Deutsches Arzteblatt International 114 (25): 419–24. インターネットゲーム障害の…

ダラーとスタレリクへの反論:ダニエル・キング「インターネットゲーム障害は精神障害として認定されるべきである」

journals.sagepub.com ダラーとスタレリクが「インターネットゲーム障害は精神障害とはみなすことはできない」という声明を出したことに対して、推進派のダニエル・キングらが反論をしたディベート・ペーパー。 ダラーとスタレリクの論文はこちら。 ides.hat…

ゲーム障害の評価ツールC-VAT 2.0。(社交)不安障害、PDD NOS、ADHD/ADD、親子関係の問題、様々なタイプの抑うつ気分が併存。

www.semanticscholar.org Rooij, Antonius J. van, Tim M. Schoenmakers, and Dike van de Mheen. 2017. “Clinical Validation of the C-VAT 2.0 Assessment Tool for Gaming Disorder: A Sensitivity Analysis of the Proposed DSM-5 Criteria and the Clin…

ゲームをした時の神経的側面と認知的側面の間に関連性がある。特に注意、認知制御、視空間スキル、認知的作業負荷、報酬処理に関するもの

www.semanticscholar.org Palaus, Marc, Elena M. Marron, Raquel Viejo-Sobera, and Diego Redolar-Ripoll. 2017. “Neural Basis of Video Gaming: A Systematic Review.” Frontiers in Human Neuroscience 11 (May): 248. ビデオゲームの神経的基盤。シス…

インターネットゲーム障害の治療:PIPATICプログラムの簡単な概要

www.semanticscholar.org Torres-Rodríguez, Alexandra, Mark D. Griffiths, and Xavier Carbonell. 2018. “The Treatment of Internet Gaming Disorder: A Brief Overview of the PIPATIC Program.” International Journal of Mental Health and Addiction …

ゲーム障害では前頭-側頭-頭頂前頭-後頭領域の半球内結合が増加の可能性。定量的脳波(QEEG)所見

www.semanticscholar.org Griffiths, Mark D., Daria J. Kuss, Olatz Lopez-Fernandez, and Halley M. Pontes. 2017. “Problematic Gaming Exists and Is an Example of Disordered Gaming.” Journal of Behavioral Addictions. https://doi.org/10.1556/200…

反応抑制とインターネットゲーム障害。メタアナリシス

www.semanticscholar.org Argyriou, Evangelia, Christopher B. Davison, and Tayla T. C. Lee. 2017. “Response Inhibition and Internet Gaming Disorder: A Meta-Analysis.” Addictive Behaviors 71 (August): 54–60. 反応抑制とインターネットゲーム障害…

インターネットゲーム障害は精神障害とはみなすことはできない

www.semanticscholar.org プレヴィン・ダラー(Pravin Dullur)とプラダン・スタレリク(Vladan Starcevic)による議論ペーパー。 2017年の著作で、ICD-11にゲーム障害が入りそうだ、という時点で書かれた反対の声明である。 精神疾患の診断・統計マニュアル第5…

セルフディスカバリーキャンプ(SDiC)による治療で、インターネットゲーム障害が改善する

www.semanticscholar.org Sakuma, Hiroshi, Satoko Mihara, Hideki Nakayama, Kumiko Miura, Takashi Kitayuguchi, Masaki Maezono, Takuma Hashimoto, and Susumu Higuchi. 2017. “Treatment with the Self-Discovery Camp (SDiC) Improves Internet Gaming…

香川県のゲーム条例を巡る裁判、県側は「科学的根拠は必要ない」「憲法が間違っている」と反論(スラド)

srad.jp 2020年に香川県議会で制定され、人権侵害で憲法違反として訴えられている香川県の「ネット・ゲーム依存症対策条例」だが、高松地裁において被告の香川県が「科学的根拠は必要ない」「憲法が間違っている」と反論して全面的に争う姿勢を見せているこ…

ゲーム条例の違憲訴訟 被告の香川県側が反論「条例は県民の利益を何ら侵害していない」(KSB)

news.ksb.co.jp 条例を制定する必要性、「立法事実」がないとする原告の訴えについて、複数の医学文献を挙げ、「ネット・ゲーム依存症の治療や予防の必要性を裏付ける事実は存在する」と主張しました。

ゲーム障害に対する懸念に対する回答

www.semanticscholar.org Kuss, Daria J., Mark D. Griffiths, and Halley M. Pontes. 2017. “DSM-5 Diagnosis of Internet Gaming Disorder: Some Ways Forward in Overcoming Issues and Concerns in the Gaming Studies Field.” Journal of Behavioral Ad…

娯楽ゲーム利用はインターネットゲーム障害と比較して、実行制御能力が高く、報酬処理時には動機付けプロセスに関係する脳領域の活性化が大きく、損失処理時には皮質の活性化が大きい

www.semanticscholar.org Dong, G., H. Li, L. Wang, and M. N. Potenza. 2017. “Cognitive Control and Reward/loss Processing in Internet Gaming Disorder: Results from a Comparison with Recreational Internet Game-Users.” European Psychiatry: Th…

アバターはインターネットゲーム障害のうつ病リスクを増加させる

www.semanticscholar.org Burleigh, Tyrone L., Vasilis Stavropoulos, Lucas W. L. Liew, Baxter L. M. Adams, and Mark D. Griffiths. 2018. “Depression, Internet Gaming Disorder, and the Moderating Effect of the Gamer-Avatar Relationship: An Exp…

インターネットゲーム障害と病的賭博における神経生物学的類似性

www.semanticscholar.org Fauth-Bühler, M., and K. Mann. 2017. “Neurobiological Correlates of Internet Gaming Disorder: Similarities to Pathological Gambling.” Addictive Behaviors 64 (January): 349–56. インターネットゲーム障害の神経生物学的…

ADHDとインターネットゲーム障害が併存するADHDの青年期における定量的脳波

www.semanticscholar.org Park, Jeong Ha, Ji Sun Hong, Doug Hyun Han, Kyoung Joon Min, Young Sik Lee, Baik Seok Kee, and Sun Mi Kim. 2017. “Comparison of QEEG Findings between Adolescents with Attention Deficit Hyperactivity Disorder (ADHD) …

MMORPGで敵対的な行動をとる青年はネット嗜癖の症状が高く、クラスにMMORPGをしている生徒が多いほどネット嗜癖になりにくい

www.semanticscholar.org Stavropoulos, Vasilis, Daria J. Kuss, Mark D. Griffiths, Peter Wilson, and Frosso Motti-Stefanidi. 2017. “MMORPG Gaming and Hostility Predict Internet Addiction Symptoms in Adolescents: An Empirical Multilevel Longi…

リアリティセラピーとマインドフルネス瞑想の併用がインターネットゲーム障害の若年成人の時間間意思決定衝動性を減少させる

www.semanticscholar.org Yao, Yuan-Wei, Pin-Ru Chen, Chiang-Shan R. Li, Todd A. Hare, Song Li, Jin-Tao Zhang, Lu Liu, Shan-Shan Ma, and Xiao-Yi Fang. 2017. “Combined Reality Therapy and Mindfulness Meditation Decrease Intertemporal Decision…

神経イメージング研究におけるインターネットゲーム障害の心理学的評価。システマティックレビュー

www.semanticscholar.org Pontes, Halley M., Daria J. Kuss, and Mark D. Griffiths. 2017. “Psychometric Assessment of Internet Gaming Disorder in Neuroimaging Studies: A Systematic Review.” In Internet Addiction: Neuroscientific Approaches an…