井出草平の研究ノート

文科省、ゲーム、ネット、スマホで発達障害「的」な子どもが増えると主張する

問題の文章が含まれるのは以下のページと調査結果報告である。

www.mext.go.jp PDF: 通常の学級に在籍する特別な教育的支援を必要とする児童生徒に関する調査結果について (令和4年12月13日)

本調査は、発達障害のある児童生徒数の割合や知的発達に遅れがある児童生徒数の割合を推定する調査ではなく、学習面や行動面で著しい困難を示すとされた児童生徒数の割合を推定している調査である。増加の理由を特定することは困難であるが、
(中略)
子供たちの生活習慣や取り巻く環境の変化により、普段から1日1時間以上テレビゲームをする児童生徒数の割合が増加傾向にあることや新聞を読んでいる児童生徒数の割合が減少傾向にあることなど言葉や文字に触れる機会が減少していること、インターネットやスマートフォンが身近になったことなど対面での会話が減少傾向にあることや体験活動の減少などの影響も可能性として考えられる。(p.18)

言い回しはややこしいが、ゲーム、ネット、スマホ発達障害「的」な子どもが増えている(可能性がある)、と書かれている。

どんな調査で誰が書いたのか

この調査は発達障害「的」な学習・行動・情緒の問題を抱える児童を教員がクラスにどの程度存在するかをまとめたものである。この調査は特別支援教育の基礎資料として使用されている。
今回の調査では前回調査より増加をしていた。
上記の文章は有識者会議の座長である宮﨑英憲さん(全国特別支援教育推進連盟理事長、東洋大学名誉教授)が書いたと思われる総括に登場する。
とはいえ、この文章そのものは「文部科学省初等中等教育特別支援教育課」のクレジットがされており、宮﨑英憲さん個人の意見という体裁では発表されていない。書いたのは宮﨑英憲さんだろうが、文章の責任は文部科学省初等中等教育特別支援教育課である。

関連するエビデンスについて

言うまでもないことだが「ゲーム、ネット、スマホ発達障害「的」な子どもが増える」といったエビデンスは存在しない。

逆に、ゲームをしている幼稚園児ほど社交性が高い(https://ides.hatenablog.com/entry/2020/03/31/222036)といった研究であったり、SNS利用頻度が高いほど成熟するという脳画像の研究(https://jamanetwork.com/journals/jamapediatrics/article-abstract/2799812)など良い影響を与えるという研究は存在している。ゲーム、ネット、スマホ発達障害的な症状を助長するといった記述は科学的エビデンスを踏まえない思い込み以外の何物でもない。

香川県ゲーム条例の立役者・大山一郎県議も「学習障害や発達性多動障害はゲームが原因」と言っていた

最近はあまり言及していないが、大山県議も同じようなことを言っていた。

ides.hatenablog.com

大山県議の発言も引用しておこう。

今、学習障害と思われる子供や発達性多動障害と思われる問題行動を起こす子供たちが、我が県でも急速にふえています。私の住んでいる地域の小学校でも、既にそのような子供によって学級崩壊寸前のクラスもあります。 この異常なふえ方は、ただ単に家庭のしつけの問題だけだとは考えられません。何か共通に子供たちに起こっていることがあるはずです。それがすべてゲームやパソコンだと言うつもりはありませんが、そのような子供たちの家庭調査くらいはすべきだと考えます。原因が先天性のものではなく、ゲームなどによる前頭前野の機能低下状態だとすれば、対処を早急に行えば治る可能性は高いからであります。

大山県議の発言も今回の文科省の文章も、似たり寄ったりの内容である。

文科省の文章に掲載される方が問題は大きい

大山県議の発言は、議会議事録に残っていたものであり、香川県の公式の書類ではない。
議員さんがデタラメなことが書かれた本を真に受けて自説を議会で開陳した、ということなので、致し方ないのかもしれない。
もちろん、このような積み重ねによって、スマホ・ゲーム条例が作られてしまったという大きな問題はある。

しかし、文科省には、自由に発言することはできず、科学的エビデンスに基づいて政策立案・運営をすることが求められている。 にもかかわらず「ゲーム、ネット、スマホ発達障害「的」な子どもが増える」といった趣旨のことを公式の文章に掲載するとなると、事態はより深刻なのではないかと思われる。

その物忘れ「スマホ認知症」かも 30~50代で急増中(産経新聞)

www.sankei.com

スマホ認知症に陥ると、「1週間あれば完成していた書類がいつまでたっても満足できるレベルに達しない」「料理が手際よく作れなくなった」というように、段取りや計画に沿って物事を進める「遂行実行機能」が低下。コミュニケーション能力や企画力・創造力の低下なども表れる。 心身の状態をコントロールしている前頭葉の機能低下も起きるとされ、手足の痛み、動悸、めまいなどさまざまな体調不良にもつながる。突然怒り出す、泣き出すなど情緒が不安定となる人もいる。

それはきっとうつ病だ。

「スマホ断ちした高校生たち」に実際に起きたこと(東洋経済)

toyokeizai.net

これに対するローガンの反応は、「クラブに反感を持つ人もいる」というものだった。「聞いている話だと、私たちは裕福な家庭の子どもたちで、すべての人にケータイを捨てさせようとするのは特権的な考え方だ、っていう批判がある」。

ジュリアンが立ち去ると、ローガンは自分がこの問題で苦労したこと、そしてこの点についてはクラブのメンバーの間でも白熱した議論があったことを認めた。

階級差別的だという意見を聞いて、本当にがっかりした。クラブに別れを告げようかと思ったほど。でも、顧問の先生に話してみたら、革命の多くはチェ・ゲバラのように恵まれた家庭出身の人が始めたと教えてくれたの」とローガン。

意識が高いな。チェ・ゲバラ(笑)

SNSを使う子と使わない子「脳発達」決定的な違い(東洋経済)

toyokeizai.net

その結果、12歳ごろにSNSのフィードを習慣的にチェックしていた子どもたちは、ある特有の発達傾向を示すことが確認された。仲間からの社会的報酬に対する感受性が時間とともに強まっていたのだ。反対にSNSの使用が比較的少なかった子どもたちでは、それとは逆の傾向が見られた。

課金、課金…負けた、また課金 ゲーム依存、月20万円を投じた青年の今(西日本新聞)

www.nishinippon.co.jp

ダイキさん(28)=仮名=は2020年秋、ゲーム障害やギャンブル依存症患者の回復施設「グレイス・ロード」(甲府市)に入所した。 初心者の自分は当然、弱い。皆のように勝つために、課金を繰り返した。

ゲーム障害、ゲーム行動症に「課金をする」という症状はない。
こんなものをゲーム行動症にするまえに、ICD-11の診断基準くらい読んだらどうだ、と思うのだが。

こちらも西日本新聞の梅本邦明記者。

ゲーム障害、時代の副作用 スマホ普及、コロナ禍で急増 医療機関・施設の充実が急務(西日本新聞)

www.nishinippon.co.jp

「ゲーム障害」を巡り、子どもや若者を中心に医療機関や回復施設への受診、相談が増加している。スマートフォンの普及やコロナ禍による「おうち時間」の広がりが原因とみられる。

増加しているエビデンスを見たことがないし、おうち時間が原因だというエビデンスもみたことがない。
マスメディアで騒いで、専門外来を掲げたら、相談件数増えるよね、という意外の何物でもないのでは?

西日本新聞の梅本邦明記者。