井出草平の研究ノート

ベイズ統計学

カテゴリカル変数が独立変数に入った単回帰分析[ベイズ]

Stanコード data { int<lower=0> N; // サンプルサイズ int<lower=0, upper=1> X[N]; // 独立変数(性別、0: 男性、1: 女性) real Y[N]; // 従属変数(賃金) } parameters { real alpha; // 切片 real beta; // 性別の効果 real<lower=0> sigma; // 誤差の標準偏差 } model { vector[N] gender_</lower=0></lower=0,></lower=0>…

単回帰分析[ベイズ]

通常の頻度統計で行う。 library(AER) # CPS1985 データを含むパッケージ data("CPS1985", package = "AER") fit.freq <- lm(wage ~ age, data = CPS1985) print(fit.freq) 結果。 Call: lm(formula = wage ~ age, data = CPS1985) Coefficients: (Intercept…

ベイジアンt検定[R]

www.sumsar.net bayes.t.test 関数 t.test関数は、4つのバージョンのt検定を実行するために使われる。ここでは、1標本と対の標本の選択肢だけを紹介する。bayes.t.testはt検定のベイジアン的な代替法を実行し、t.test関数と互換性のある関数用法を有している…

ベイジアンCFAモデル

Structural Equation Modeling: Applications Using Mplus (Wiley Series in Probability and Statistics Book 9) (English Edition)作者:Wang, Jichuan,Wang, XiaoqianWileyAmazon 2.9章から。 従来のCFAモデルでは、各指標・項目は理論的に仮定された1つの…

ベイズ推定の利点

こちらの本の1.4.1 ベイズ推定の説明から。 Structural Equation Modeling: Applications Using Mplus (Wiley Series in Probability and Statistics)作者:Wang, Jichuan,Wang, Xiaoqian発売日: 2019/12/04メディア: ハードカバー 1.4.1 Bayes estimator ベ…

ベイズ推定による因子分析[Mplus]

頻度主義で行うのと特に何かが変わるというわけではないものの、Mplusでベイズ推定で因子分析を行った。 コード DATA: FILE = "HS1939.dat"; VARIABLE: NAMES = x1 x2 x3 x4 x5 x6 x7 x8 x9; MISSING=.; ANALYSIS: ESTIMATOR = BAYES; PROCESS = 2; FBITER =…

ベイズの定理

基礎的な所だけどわかりやすい動画。 【大学数学】ベイズの定理【確率統計】

ベイジアンロジスティック回帰分析・その3

HardinとHilbeのStata本にあるベイジアンロジスティック回帰分析の続き。今回は事前分布としてコーシー分布を使う方法についてである。 1回目エントリはこちら 2回目エントリはこちら Generalized Linear Models and Extensions: Fourth Edition作者: Jame…

ベイジアンロジスティック回帰分析・その2

HardinとHilbeのStata本にあるベイジアンロジスティック回帰分析の続き。前回のエントリはこちら Generalized Linear Models and Extensions: Fourth Edition作者: James W. Hardin,Joseph M. Hilbe出版社/メーカー: Stata Press発売日: 2018/06/28メディア:…

ベイジアンロジスティック回帰分析[Stata]

HardinとHilbeが書いたglmのStata本をちらちらと読んでいて少し気になったので、自分でも分析をしてみた。 Generalized Linear Models and Extensions: Fourth Edition作者: James W. Hardin,Joseph M. Hilbe出版社/メーカー: Stata Press発売日: 2018/06/28…

ベイジアンP値

重回帰分析 Stataでデータwomenwageを読み込む。女性の就労のデータのようだ。 . use http://www.stata-press.com/data/r16/womenwage.dta, clear 回帰分析をする。初めて使うデータで詳しくないし、詳しくないし、分析内容はわりと適当。有意になる変数と有…

『図解・ベイズ統計「超」入門』

図解・ベイズ統計「超」入門 あいまいなデータから未来を予測する技術 (サイエンス・アイ新書)作者: 涌井貞美出版社/メーカー: SBクリエイティブ発売日: 2013/12/17メディア: 新書この商品を含むブログ (15件) を見る ベイズの入門書。 amazonのレビューにあ…