過食嘔吐への認知行動療法の有効性

BT Walsh, GT Wilson, KL Loeb, MJ Devlin, KM Pike, 1997
Medication and psychotherapy in the treatment of bulimia nervosa 
The American journal of psychiatry, vol. 154, no4, pp. 523-531.
http://www.hawaii.edu/hivandaids/Medication_and_Psychotherapy_in_the_Treatment_of_Bulimia_Nervosa.pdf [PDF]


過食症の無茶食いには支持的精神療法よりも認知行動療法が有効とのこと。薬物療法(プロザック[フルオキセチン])との併用が効果的であるようだ。


無茶食い(1週間あたり)が治療開始によって以下のように変化している。


嘔吐の方もほとんど同じ経過を示している。過食も、嘔吐も、データ的には「支持的精神療法+薬物療法」よりも「薬物療法」のみの方が効果的になっている。素直に読むと支持的精神療法は無駄だと言っているように読める(むしろ逆効果)。それはそれとして、薬物療法に関しては副作用が検討もされている。薬物療法による改善も、副作用や薬物療法のコスト、モニタリングのコストとそのリスクによって差し引いて考えなければならないと書かれている。

Our data also suggest that a two-stage medication intervention using fluoxetine adds significantly to the benefits of psychological treatment. However, the modest gains of adding medication to psychotherapy must be weighed against the risk of side effects and the costs of medication and monitoring. Conversely, the modest gains of adding psychological treatment to medication must be examined in the context of the cost and limited availability of cognitive-behavioral therapy for eating disorders.