最近読んだ本

ここ1週間ほどで読んだアスペルガー症候群関係の本。読んでも読んでも減らないのは気のせいか。ひきこもり本より多いのかもしれない。



アスペルガー症候群  教師として知っておくべきこと

アスペルガー症候群 教師として知っておくべきこと


「4ソーシャルスキルを伸ばすには」が参考になる。


自閉っ子、えっちらおっちら世を渡る

自閉っ子、えっちらおっちら世を渡る

 そのほんの二、三年前、大学生のころ、雑誌のコスメ特集に 「女性が化粧もせずに素顔をさらして外を歩くなんて犯罪ですよ」と書いてあるのを読んで、「しかし、最初の化粧品はどうやって買いに行けばいいのだろう?」と考えこんだものだ。


これはかなり面白い。



アスペルガー症候群・自閉症のあなたへ

アスペルガー症候群・自閉症のあなたへ


社会のなかで「うまくやっていく」ための方法が書いてある本。社会のなかで上手くやっていくために矯正しようという教育に批判的な人は、この本はきっと嫌いなのだろうと思う。思想はさておき、臨床的には役立つ本だと思う。



アスペルガー当事者が語る特別支援教育―スロー・ランナーのすすめ

アスペルガー当事者が語る特別支援教育―スロー・ランナーのすすめ

第三章が非常に勉強になる。あと倉本智明氏との対談が興味深い。



高機能広汎性発達障害―アスペルガー症候群と高機能自閉症

高機能広汎性発達障害―アスペルガー症候群と高機能自閉症


医学・心理学・当事者・親・支援者など各立場から様々なトピックについて書かれた本。非常に読み応えがある。