ゲーム・ネット・スマホとどう付き合うか(吉川徹)

吉川先生の寄稿。

www.note.kanekoshobo.co.jp

このためには子どもが少しでも楽に、気分よく「おしまい」にできるような演出が必要です。例えばゲームは必ずおやつの前の時間にする、ゲームを時間までに終わらせることができたら次回から使えるゲーム10分間の回数券を用意する、次にゲームを使える時間がそれほど遠くない将来に予告されている、などなど「おしまい」を受け入れやすくなる設定はいろいろあります。

子育てには応用行動分析が最強。

岐阜県立希望が丘こども医療福祉センター発達精神医学研究所公式チャンネル


【対談】「ゲームやネットはそんなに悪いものなのか?」吉川徹先生 × 関正樹先生