ひきこもり施設で男性が暴行死か

名古屋市北区芳野の引きこもり者更生支援施設「アイ・メンタルスクール」(杉浦昌子代表理事)で18日朝、入寮中の東京都世田谷区、無職男性(26)が死亡し、愛知県警北署が19日に司法解剖した結果、死因は腕や足の打撲による外傷性ショックとわかった。
http://news.goo.ne.jp/news/yomiuri/shakai/20060419/20060419ic22-yol.html

明らかに致命傷とされるような大きな傷はなく、同署は死因について、体を強く縛ることによって体内に酸素が行き渡らなくなって毒性物質が発生し、それが全身に行き渡って死に至る「阻血性ショック」の可能性があるとみている。
http://www.chunichi.co.jp/00/sya/20060421/eve_____sya_____010.shtml


新聞報道


アイ・メンタルスクール
http://www.ai-mental.com/
リンク切れ


代表 杉浦昌子の著書


トイレに住みついた少年―熱血カウンセラーが見たひきこもりの現実

トイレに住みついた少年―熱血カウンセラーが見たひきこもりの現実


杉浦昌子のインタビュー
http://www.mammo.tv/interview/046_SugiuraS/


追記:

 氏(杉浦昌子)は、姉の長田百合子と同様ひきこもっている青少年を連れ出して入寮させ、生活に始まり学校復帰や就労への支援を行っています。


杉浦昌子長田百合子の実の妹だそうだ。長田百合子は2005年7月に元塾生から損害賠償を求める訴えを起こされている。(参照


追記(2006.04.21)

追記(2006.04.21)
とくダネ!」で再び取り上げられ、工藤定次NPO法人青少年自立援助センター理事長)が出演。VTRで鎖でつながれた入所者の映像が流れる(右下)。



工藤の上げる問題点

●自立の早急性
急ぎすぎて無理が来る。自立の可能性は非常に低くなる。
●暴れた時の対処法
NPO法人青少年自立援助センターでは、暴れた時の対応マニュアルはある。スタッフが3,4人で手足を押さえたりするが、その他の危惧を使うことは考えられない。
ひきこもりの宿泊型施設では暴力性と同居できない。暴力性をどうするか?という問題。他の施設を紹介する必要がある。
●施設に強制入所
NPO法人青少年自立援助センターでは、訪問には1年〜1年半をかける。ゆっくり本人を説得する。早急にすると反発が起きる。

施設でどのようなことをやっているかということを公開する必要がある。


ずっと一人で生きてきたひきこもりをいきなり10人とかの集団生活をすると、ストレスがたまるし、恐怖心を持つだろう。NPO法人青少年自立援助センターでは1人1部屋が原則。


ひきこもりにもいろいろいる。施設の対処できるひきこもりの範囲はあり、限界の説明が必要。


彼らを形だけ規律正しくしても無意味。自分で「起きる」ということを承知しないとダメ。鎖でつなぐなど考えられない。一時的に暴れたとしても、落ち着いて話をすれば大丈夫。丁寧に付き合えば、鎖などは不要。


追記(2006.04.24)

名古屋市内で下は中学生から上は46歳まで全員共同の寮で預かっています。24時間体制でスタッフが管理しており、スタッフには元不登校生を使っておりません。25年ぐらい前に姉と補習塾を始めたのがきっかけです。当時は補習塾として愛知県で一番の生徒数がありました。次第に学校や塾に行かない生徒が増え始め、訪問カウンセリングを始めました。不登校のための親の教室、生徒の教室をつくりました。姉との考え方の違いで12、3年前から独立し、現在に至っております
http://homepage3.nifty.com/minkan-kyoiku/m-3rdgakkai.htm


長田氏とは考えが違うとのこと。


追記(2006.04.24)

「付属施設の寮は、NPO法人認証の対象外。監督権限がない」今回の事件に愛知県は、困惑する。県社会活動推進課は、「現時点でも任意で事情を聴くしかない」と打ち明け 民間支援施設の実態を把握できない制度の問題が浮かび上がった。 県が アイメンタルスクールを認証したのは、2001年11月。しかし 設立目的や事業の中で 「寮」という文言は、一切記されず 県は、長い間 事件のあった寮の存在自体を知らなかった。  

 成年の入寮者を子どもと誤解した近隣住民から 「たばこを吸っている」との通報を受けたのをきっかけに調べたところ NPOと同名の有限会社が営利活動として 寮を運営していることが判明。 今年1月 利用者が誤解しないよう区別して記するよう指導した。

 寮そのものは、NPO法人でないため 県は、NPO法に基づく立ち入り検査や 改善命令などを行うことができない。 成年入寮者がいるため。児童福祉法でも十分対応することができない。精神保健福祉法に基づく社会復帰施設として届け出も名古屋市になく、市の監督対象にもなっていなかった。

 県認証のNPO法人は、計855あるが アイメンタルスクールに類似した団体がいくつあるか分かっていない。「引きこもりへの十分な公的支援制度が存在しないからこそ こうした支援施設の存在意義がある」(県職員)との声もあるが ”制度のすき間”にある施設の実態を早急に把握する必要に迫られそうだ。

翌日の 新聞には・・・

「宿泊型施設実態 愛知県が把握へ」
 愛知県は、21日、近く同種の宿泊型支援施設の実態把握に乗り出すことを決めた。
 施設は、県からNPO法人の認証を受けていたが、事件の舞台となった寮は別の有限会社が経営する監督外の施設。
精神保健法に基づく社会復帰施設としての届け出もないため、実態が公的に把握されていなかった。
 こうした問題を受け 県保健福祉部は、ほかのNPO法人などの協力も得て、まず県内の宿泊型施設をリストアップ。「相手の了解が得られれば任意で活動内容を聴くなど可能な限り実情の把握に努めたい」(障害福祉課)と話している。
http://www4.rocketbbs.com/341/konarun.html


アイメンタルスクールは、県からNPO法人の認証を受けていたが、寮は認可を受けていなかったらしい。


追記(2006.04.28)


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060426-00000026-rbb-sci

ヤフーの2006年4月17日〜4月23日時事検索ランキング6位が「アイ・メンタルスクール」だったらしい。検索はかけられているようだ。