抗うつ剤の性別ごとの有効性

抗うつ剤の性別ごとの有効性の違いのまとめ。


太字の4つの薬剤はよく使われるので、投薬の際には、多少参考になるかもしれない。森下茂『抗うつ薬の選び方と用い方 その実際』の第4章を要約するとだいたいこうなる。
まずは、日本で保健適応可能な薬剤から。該当文献は下記のものである。

 Morishita S. Kinoshiia T. Arita S. Gender differences in a response to anidepressants. 
Major Depression in Women. (eds). Nova Science Publisher. NT, 2008.


Major Depression in Women

Major Depression in Women




この図は森下茂『抗うつ薬の選び方と用い方 その実際』からのものである。
表からわかるのは、ジェイゾロフト(SSRI)が女性にはよく効くが男性にはいまいちと言うこと。ルジオミール(四環系)はやはり男女とも抗うつ作用が強いということ。意外にもデプロメール(SSRI)が健闘していること。そして、パキシル(SSRI)の成績が良くないことである。


ジェイゾロフトの男女差については薄々そうだろうと思っていたのだが、パキシルが男女とも不本意な成績であるのは意外。パキシルうつ病の第一選択薬として使っている精神科医が多く、切れ味も良い印象がある。じんわり上げていく感じのデプロメールよりはパキシルはスパッと切れるという認識を持っていたので寛解率も高かろうと思っていたのだが、この研究では、寛解率はいまいちだ。切れ味が良いことが必ずしも寛解につながらないということなのだろうか。


男性に効くとされる、ノリトレンは三環系の中でノルアドレナリン優位であり、またSNRIであるトレドミンノルアドレナリンの再取得阻害をする。いうなれば「やる気が出る系」ではある。男性のうつ病の原因の多くは仕事等「課題をこなすこと」にあるためノルアドレナリン優位の薬が有効なのかもしれない、という気もする。しかし、トレドミンと同じSNRIであるエフェクサー(Thase 2005)とシンバルタ(Kornstein 2006)では男女間に効果の優位な差は見られていないという結果が出ているため、仕事とノルアドレナリンを結びつけるのは安易だろう。そんなことを言い出したらMAO疎害薬も意欲を出させるだろうということになる。


あくまでも個体差が大きいので個人に適合した薬を投薬すべきだが、第一選択薬は有効性の高いものから入れるのが定石なので、多少の指針にはなるかもしれない。気になる副作用としては、デプロメールの吐気、ジェイゾロフトの下痢、パキシルの抜きにくさであろうか。トレドミンで特筆すべきは疼痛緩和作用だろう。臨床医ではないので、このあたりはさらりと。


先行研究は以下のようになっているようだ。

  1. SSRI
    1. ジェイゾロフト・・・・Kornstein (2000)ではトフラニールとの比較をし、男性はトフラニールが優位、女性ではジェイゾロフトが優位としている。Baca (2004)も同じくトフラニールとの比較をし、男性では差が無く、女性ではジェイゾロフト優位としている。
    2. プロザック・・・・Martenyi (2001)はルジオミールとの比較をし男性では差が無く、女性ではプロザック優位。Joyce (2003)では ノリトレンとの比較をし、40歳男性ではノリトレン優位、18-24際の女性ではプロザック優位としている。
    3. セレクサ・・・・・Berlanga (2006)はエドロナックスとの比較をしセレクサが優位であるとしている。年齢対象は18-40歳。
    4. デプロメール(ルボックス)・・・・Hildebrandt (2003)、Pino-Meza (2006)、Morishita(2003)、Morishita(2005)、Morishita(2008)では性別に差はないとされている。
    5. パキシル・・・・上記デプロメールの研究で検討されており、性差はないとされている。Khan (2005)は女性が優位であるとしている。
  2. SNRI
    1. トレドミン・・・・Morishita(2008)で男性に優位とされている。
    2. エフェクサー・・・・Thase (2005)で性差はないとされている。
    3. シンバルタ・・・・Kornstein (2006)で性差は無いとされている。


以下がまとめた表。該当論文は表の下に記述。

Raskin (1974) 若年女性 MAO疎外薬 > ベンゾジアゼピン
Hamilton (1996) 男性 > 女性 イミプラミン
Kornstein (2000) 女性 ジェイゾロフトセルトラリン) > トフラニール(イミプラミン)
Martenyi (2001) 若年女性 プロザック(フルオキセチン) >ルジオミール(マプロチリン)
Quitkin (2002) 若年女性 MAO疎外薬 > 三環系
Hildebrandt (2003) 男性 = 女性 三環系、SSRI、MAO疎外薬
Morishita (2003) 男性 > 女性 トレドミンミルナシプラン
Joyce (2003) 女性 プロザック(フルオキセチン) > ノリトレン(ノルトリプチリン)
Grigoriadis (2003) 若年女性 > 老年女性 セルゾン(ネファゾドン), エフェクサー(ベンラファキシン)
Wohlfarth (2004) 男性 = 女性 三環系
Baca (2004) 女性 ジェイゾロフトセルトラリン) > トフラニール(イミプラミン)
Thase (2005) 若年女性 > 老齢女性 SSRI
Khan (2005) 女性 > 男性 SSRI
Pinto-Meza (2005) 男性 = 女性 SSRI
Berlanga (2006) 女性 セレクサ(シタロプラム) > エドロナックス(レボキセチン)
Kornstein (2006) 男性 = 女性 シンバルタ(デュロキセチン)
Papakostas (2007) 男性 = 女性 ウェルブトリン(ブプロピオン)、SSRI
Morishita (2008) 女性 > 男性 ジェイゾロフトセルトラリン



  • Raskin A. Age-sex differences in response to antidepressant drugs. J Nerv Ment Dis, 1974; 159: 120-130. http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/4850465
  • Hamilton JA, Grant MJensvold MF. Sex, gender, and hormones. In: Psychopharmacology and Women. Jensovold MF, Halbreich U, Hamilton JA. (eds.). American Psychiatric Press, Washingto DC. p241-257, 1996. http://www.amazon.co.jp/dp/0880485450/
  • Kornstein SG, Schatzberg AF, Thase ME, et al. Gender differences in treatment response to sertraline versus imipramine in chronic depression. Am J Psychiatry, 2000; 157:1 445-1452. http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/10964861
  • Martenyi F. Dossenbach M, Mraz K, et al. Gender differences in the efficacy of fluoxetine and maprotiline in depressed patients: a double-blind trial of antidepressants with serotonergic or nonepinephrinergic reuptake inhibition profile. Eur NeuroDsvchoDharmacol. 2001: ll: 227-232. http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/11418283
  • Quitkin FM, Stewart JW, McGrath PJ, et al. Are there differences between women's and men's antidepressant response? Am J Psychiatry, 2002; 159: 1848-1854. http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/12411218
  • Hildebrandt MG, Steyerberg EW, Stage KB, et al. Are gender differences important for the clinical effects of antidepressants? Am J Psychiatry, 2003; 160: 1643-1650. http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/12944340
  • Morishita S, Arita S. Differential effects of milnacipran, fluvoxamine and paroxetine for depression, especially in gender. Eur Psychiatry, 2003; 18: 418-420. http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/14680720
  • Joyce PR, Mulder RT, Luty SE, et al. A differential response to nortriptyline and fluoxetine in melancholic depression: the importance of age and gender. Acta Psychiatr Scand, 2003; 108: 20-23. http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/12807373
  • Grigoriadis S, Kennedy SH, Bagby RM. A comparison of antidepressant response in younger and older women. J Clin Psychopharmacol, 2003: 23: 405-407. http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/12920418
  • wohlfarth T, Storosum JG,Elferink AJA,et al,Response to tricyclic antidepressants: independent of gender? AmJ Psychiatry.2004;161:370-372, http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/14754791
  • Baca E, Garca-Garcia M, Porras-Chavarion A. Gender differences in treatment response to sertraline versus imipramine in patients with nonmelancholic depressive disorders. Prog Neuropsychopharmacol Biol Psychiatry, 2004; 28: 57-65. http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/14687858
  • Thase ME,Entsuah R,Cantillon M,et al.Relative antidepressant efficacy of venlafaxine and SSRIs:SeX-age interactions.J Wornens Health,2005:14:609-616. http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/16181017
  • KhanA,BrodheadAE,SchwartzKA,etal.Sex Differences in Antidepressant Response in Recent Antidepressant Clinical Trials. JClinPsychopharmacol,2005;25:318−324. http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/16012273
  • Pinto−Meza A,UsallJ,Berrano−Blanco A,et al.Gender differences in response to antidepressant treatment prescribed in primary care. Does menopause make a difference? J Affect Disord,2006:93:53−60. http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/16549204
  • Berlanga C, Flores-Ramos M. Different gender response to serotonergic and noradrenergic antidepressants. A comparative study of the efficacy of citalopram and reboxetine. J Affect Disord, 2006; 95 (1-3) : 119-123. http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/16782204
  • Kornstein SG, Wohlreich MM, Mallinckrodt CH. et al. Duloxetine efficacy for major depressive disorder in male vs. female patients: data from 7 randomized, double-blind, placebo-controlled trials..[ Clin Psychiatry, 2006; 67: 761-770. http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/16841626
  • Papakostas GI, Kornstein SG, Clayton AH, et al. Relative antidepressant efficacy of bupropion and the selective serotonin reuptake inhibitors in major depressive disorder: gender-age interactions. Int Clin Psychopharmacol, 2007; 22: 226-229. http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/17519646
  • Morishita S, Kinoshita T, Arita S. Gender differences in a response to antidepressants. Major Depression in Women, (eds). Nova Science Publisher, NY, 2008. http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/1604562129/