井出草平の研究ノート

デジタル認知症 digital dementia

最近、日本では「スマホ認知症」という言葉が使われ始めているらしい。

www.fnn.jp

元ネタはドイツ人のマンフレッド・スピッツァー Manfred Spitzer が出した"Digitale Demenz: Wie wir uns und unsere Kinder um den Verstand bringen"(『デジタル認知症:私たちはどのように自分自身と子どもたちを狂わせるのか』)という本である。

認知症や神経疾患に対して多少なりとも知識があれば、なんだか怪しい話だとわかるはずだが、デジタル嫌いの人にはウケたようだ。日本ではデジタル全般ではなく、スマホに特化した話として流通している。このあたりにはお国柄が出ているのかもしれない。

フランクフルトのゲーテ大学医学部教授で、神経科学者のMichael Madeja氏へのインタビューをみてみたい。


www.alumniportal-deutschland.org

デジタル認知症 digital dementia は、多くの論争の的となっている。議論の中心は、私たちが記憶容量の多くをコンピューターやスマートフォンのデジタルストレージにアウトソーシングしているのではないかという懸念だ。研究者の中には、デジタルメディアが私たちの脳に悪影響を及ぼしているのではないかと危惧する人もいる。Alumniportal Deutschlandは、神経科学者のMichael Madeja教授にこの件について話を聞いた。

一方では、デジタル認知症に警告を発する科学者もいる。2007年の韓国タイムズに、「デジタル認知症」をテーマにした記事が掲載された。約2,000人にインタビューしたところ、63%の人が検索能力が向上しても、物忘れに悩まされていることを認めたという。サムスン医療センターのユン・セチャン医師は、「情報を記憶するよりも、検索するためにデジタル機器に依存するようになると、検索するための脳の機能は向上するが、記憶する能力は低下する」と説明している。ドイツでは、Manfred Spitzerの著書『デジタル認知症 Digital Dementia』が有名である。デジタルメディアやインターネット利用の弊害に警鐘を鳴らしている。

その一方で、最近ではコブレンツ・ランダウ大学の研究者や、神経科学者のMichael Madeja教授など、多くの科学者によって異論が出されている。デジタル認知症」についてお話を伺った。


-- デジタルメディアの利用が、認知症など脳に有害な変化をもたらすという証拠はあるのでしょうか?

Michael Madeja: いいえ。「デジタル認知症」という言葉は、主に宣伝効果を狙ったものです。デジタルメディアの使用が脳に有害な変化をもたらすという証拠はありませんし、特にアルツハイマー病のような認知症に見られるようなものではありません。

-- マンフレッド・スピッツァー教授は、コンピューターは「学習を阻害する機械」だと言っています。その根拠はあるのでしょうか?

Michael Madeja: 脳は常に変化し、適応していくものですから、常に学習しているシステムです。必要なものを処理するために能力を拡大し、不要なものは縮小していくのです。例えば、画面の前に座ってコンピュータゲームをすることが多い場合、脳はその課題に合わせて最適化します。運動神経、反応速度、判断力などが向上し、本当の意味での学習ができるようになるのです。しかし逆に、このように学習が徹底されないと、認知能力は低下していきます。

先ほど「認知能力のネガティブな変化」というお話がありましたが、これは、何がネガティブかを定義するのは、脳研究ではなく社会である、という議論の問題点を浮き彫りにしています。記憶機能の低下が望ましくないのか、耐性があるのか、あるいは脳の処理能力の一部を他の作業に使えるようになるので望ましいのか、それは私たちの社会や環境によって決められることなのです。

-- メディアの集中的な利用は、特に子どもや若者の脳にどのような影響を与えるのでしょうか?

Michael Madeja: 私たちが考え、行動することは、すべて私たちの脳を変化させます。ですから、メディアを使うこと、特に集中的に使うことは、脳の構造にも影響を及ぼします。しかし、ほとんどの場合、こうした変化は人によって微妙に異なり、現在の脳研究の手法では記録することができません。非常に大きな、あるいは遠大な影響を及ぼす場合にのみ、うまく記録することができるのです。例えば、携帯電話の使用頻度が高い場合、親指の動きに関係する脳の部位が増加することが確認されています。

若者に関しては、思春期が脳に特別な変化をもたらす時期であることも念頭に置く必要がある。この点については、脳研究がようやく始まったばかりなので、メディア使用時の若者の脳の構造変化については、ほとんどわかっていません。

-- ミシガン大学の研究者は、ビデオトレーニングが子どもの認知能力を向上させることを明らかにしました。脳ではいったい何が起きているのでしょうか。 Michael Madeja: 子どもたち、特に幼い子どもたちのスクリーン使用に関する知見のほとんどは、実際にはネガティブなものです。子どもたちの脳は、画面に表示される大量の情報に対応するのが難しいようです。子どもの能力を高めるために作られたプログラム(米国の「ベビー・アインシュタイン」など)でさえ、子どもの発達に役立たないか、有害でさえあることが証明されています。しかし、『セサミストリート』という番組のような例外もります。また、適度に閲覧することで、語彙力や計数能力の向上にもつながることが分かっています。

今後、コンピュータゲームに対する人々の高いモチベーションを利用して、学習プロセスを改善するようなプログラムが数多く出てくることでしょう。しかし、これは実証的な研究であり、教育的な研究であって、脳研究が貢献できることは今のところほとんどありません。

-- MOOCsのようなオンラインコースは、学生の成績に悪影響を与えるのか?オンライン学習だけでは、脳はどうなってしまうのでしょうか?

Michael Madeja: ここでも重要なのは、私たちが何をするかということであって、何かがどのように提示されるかということではありません。デジタルメディアと従来の情報提示方法での脳活動を比較した科学的調査によると、脳はスクリーン上の情報と実際の画像をあまり区別していないと結論づけられます。ですから、紙媒体で教材を読もうが、スクリーンで読もうが、実は違いはないはずです。コンピューターで学習している子供も、従来の方法で学習している子供も、読解力に関係する脳の領域はまったく同じように発達することが分かっています。

オンライン講座の成績が悪いのは、リアルな講座では情報の見せ方が違っていて良いからか、学習意欲が高いからかもしれません。結局のところ、必要な努力はコンピュータの電源を入れることだけではないのです。MOOCsの学習成果を従来の講義形式の学習成果と比較するのは非常に興味深いことです。もし私が選ぶとしたら、MOOCsに軍配が上がりますね。

Michael Madeja
PROFILE
医学博士、脳研究者、フランクフルトのゲーテ大学医学部教授。多発性硬化症パーキンソン病アルツハイマー病の主要な研究センターを設立している公益財団法人ヘルティー財団の理事も務めている。