「県民に信用されない」と専門家指摘 香川県議会ゲーム依存症対策条例成立 制定過程が“不透明”(KSB)

headlines.yahoo.co.jp

香川大学/三野靖 教授) 「結局、検証のしようがないということですよ。なぜこの条例が制定されたのか、その制定過程でどういう議論があったのかっていうことが、ちゃんと検証できるようにしておかないと条例の独り歩きってこと、それを促進してしまう可能性がありますよね」 「本来は意見1つ1つに対して、『これはここに反映されてます』とか『これはあなたの意見を反映させましょうか』とか、作業をやるのがパブリックコメントなんです。ただ賛否だけってことになると本当に真摯にパブリックコメントを寄せた人に対する背信行為だろうと思いますね」