屋外で過ごす時間と近視

屋外で過ごす時間が増えるほど近視率が減少する(抑制効果がある)。これは複数の研究でもメタアナリシスでも確認されていて、どうやら間違いなさそうだ。

pubmed.ncbi.nlm.nih.gov

小児および青年(20歳まで)の屋外で過ごした時間と近視のシステマティックレビューとメタアナリシス。

分析に使用された研究

7件の横断的研究の結果はメタアナリシスにプールされた。さらに16件の研究(メタアナリシスの基準を満たさない8件の横断的研究、7件の前向きコホート研究、1件のランダム化比較試験[RCT])がシステマティックレビューで報告された。

方法

メタアナリシスに使用されたのは7件の研究。16件の研究(メタアナリシスの基準を満たさない8件の横断的研究、7件の前向きコホート研究、1件のランダム化比較試験[RCT])が存在する。

結果

1週間に屋外で過ごす時間が1時間増えるごとに近視のオッズが2%減少する(OR、0.981;95%CI、0.973-0.990;P<0.001;I(2)、44.3%)。2%は弱い保護因子といえるだろうが、これは測定単位(一週間168時間のうち1時間)に関連していて、例えば、毎日屋外で過ごす時間を1時増やす(1週間に7時間)にすると近視のオッズ比は0.87と減少する。

f:id:iDES:20200614014135p:plain

f:id:iDES:20200614014127p:plain

結論

屋外で過ごす時間を増やすことは、子供や青少年の近視発症とその進行のリスクを減らすための単純な戦略である可能性がある。

メタアナリシスに使用された研究

  • Deng L, Gwiazda J, Thorn F. Children’s refractions and visualactivities in the school year and summer. Optom Vis Sci2010;87:406 –13.
  • Dirani M, Tong L, Gazzard G, et al. Outdoor activity andmyopia in Singapore teenage children. Br J Ophthalmol 2009;93:997–1000.
  • Ip JM, Saw SM, Rose KA, et al. Role of near work in myopia:findings in a sample of Australian school children. InvestOphthalmol Vis Sci 2008;49:2903–10.
  • Khader YS, Batayha WQ, Abdul-Aziz SM, Al-Shiekh-KhalilMI. Prevalence and risk indicators of myopia among school-children in Amman, Jordan. East Mediterr Health J 2006;12:434 –9.
  • Low W, Dirani M, Gazzard G, et al. Family history, nearwork, outdoor activity, and myopia in Singapore Chinesepreschool children. Br J Ophthalmol 2010;94:1012– 6.
  • Lu B, Congdon N, Liu X, et al. Associations between nearwork, outdoor activity, and myopia among adolescent studentsin rural China: the Xichang Pediatric Refractive Error Studyreport no. 2. Arch Ophthalmol 2009;127:769 –75.
  • Mutti DO, Mitchell GL, Moeschberger ML, et al. Parentalmyopia, near work, school achievement, and children’s refrac-tive error. Invest Ophthalmol Vis Sci 2002;43:3633– 40.