ω係数[R]

ω(オメガ)係数は内的整合性を確認するための指標である。近年はCronbachのαより良い方法と言われることが多い。Cronbachのαは因子構造を無視して、一次元性の検証していることが原因である。

データ

psychパッケージに含まれるIPIP-NEOのデータbfiを使用する。
このエントリでは、確証的因子分析で5因子構造のω係数の計算をする。

bfiの説明はこちら ides.hatenablog.com

library("psych")
data <- bfi[1:25]

計算

計算はsemToolsパッケージを利用する。

library(lavaan)
library(semTools)
model <- ' Agreeableness =~ A1 + A2 + A3 + A4 + A5
           Conscientiousness =~ C1 + C2 + C3 + C4 + C5
           Extraversion =~ E1 + E2 + E3 + E4 + E5
           Neuroticism =~ N1 + N2 + N3 + N4 + N5
           Openness =~ O1 + O2 + O3 + O4 + O5'
fit <- cfa(model, data = data, std.lv=T)
reliability(fit)

結果

       Agreeableness Conscientiousness Extraversion Neuroticism    Openness
alpha      0.4437533      -0.316283414  -0.65524296   0.8169469 -0.17609811
omega      0.5912043       0.005802957   0.04766026   0.8179816  0.04241799
omega2     0.5912043       0.005802957   0.04766026   0.8179816  0.04241799
omega3     0.6061009       0.004594535   0.04553222   0.8082328  0.03816464
avevar     0.3502353       0.371791388   0.40308320   0.4808678  0.24482561

5種類の出力がされる。

Cronbach's alpha

alphaはクロンバッハのαである。 f:id:iDES:20200615061147p:plain

Cronbach, L. J. (1951). Coefficient alpha and the internal structure of tests. Psychometrika, 16(3), 297–334. https://link.springer.com/article/10.1007/BF02310555

Raykov's omega

omegaとあるのはRaykov's omegaである。

f:id:iDES:20200615061219p:plain

Raykov, T. (2001). Estimation of congeneric scale reliability using covariance structure analysis with nonlinear constraints British Journal of Mathematical and Statistical Psychology, 54(2), 315-323. https://onlinelibrary.wiley.com/doi/abs/10.1348/000711001159582

bentler's omega

omega2はbentler's omegaである。

f:id:iDES:20200615061309p:plain

Bentler, P. M. (2009). Alpha, dimension-free, and model-based internal consistency reliability.Psychometrika, 74(1), 137–143. https://link.springer.com/article/10.1007/s11336-008-9100-1

McDonald's omega(1999)

omega3はMcDonald's omegaである。

f:id:iDES:20200615061414p:plain

McDonald, R. P. (1999). Test theory: A unified treatment.

注意が必要なのはMcDonald's omegaというと1978年の論文があるが、1978年と1999年のものは違うものだということである。

Roderick P. McDonald(1979). Generalizability in Factorable Domains: "Domain Validity and Generalizability" Educational and Psychological Measurement, 38(1), 75-79. https://journals.sagepub.com/doi/abs/10.1177/001316447803800111

平均分散抽出

avevarは平均分散抽出average variance extracted (AVE)である。

f:id:iDES:20200615061404p:plain

en.wikipedia.org